「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

間違え易い名詞

間違え易い名詞(17)

「ノー・モア・ヒロシマ」「ノー・モア・ナガサキ」

65年前の今日8月6日8:15 a.m. 広島に原爆が投下されました。今年の記念式典には国連事務総長、アメリカの駐日大使等も出席して盛り上がりをみせていました。

「ノー・モア・ヒロシマ」「ノー・モア・ナガサキ」のスローガンを英訳する場合には「NO MORE HIROSHIMA」「NO MORE NAGASAKI」ではなく「NO MORE HIROSHIMAS」「NO MORE NAGASAKIS」と複数形にする必要があります。「二度と広島はいらない」ではなく「あの広島の悲惨さは二度と繰り返してはならない」というイメージを送るためには固有名詞を普通名詞化して使わなければならないからです。

著者も広島の原爆資料館を訪れたことがありますが、本当に悲惨な光景ばかりでした。

間違え易い名詞(16)

「ゴミ箱」

「ゴミ」に相当する英語はいくつもあります。
garbage:主に米。(台所・調理室から出る)生ごみ
rubbish:主に英。(主に可燃性の)廃棄物
litter :ちらかったもの。くず(紙くず、あきびん、空き缶を含む)
waste :(生産過程で生じる)廃物
trash :くず、がらくた

この場合の「箱」に相当する英語もいくつかあります。
can:缶(英ではtin)。「garbage can(生ごみ用のゴミ箱)⇒英ではdustbin」「trash can(乾いたくず用)」。但し、現代では「dust」は「ほこり」の意でしか使われません。
box:箱。「trash box(乾いたくず用)」。
basket:カゴ。”litter basket” は公園などに置いてある「ゴミ箱」。

「ごみ袋」は「garbage bag」「trash bag」。

間違え易い名詞(15)

「hobby」

著者は、新規のクラスをスタートさせる時には「イニシャル・アセスメント・テスト」を行っています。

「スピーキング・テスト」では、簡単な具体的質問から抽象的な質問まで幅広く質問します。その1つに “What are your hobbies?” というものがあります。これに対して時々 ”drinking” とか “shopping” という返事が返ってきます。

これらの答えは「間違い」とはいいませんが、これらは「趣味(専門家としてではなく、楽しみとしてする事柄)」というよりは「気晴らし(pastime)」に属すると思います。日本語の「趣味」という言葉の適用範囲が「hobby」より広いのかもしれません。

間違え易い名詞(15)

「hobby」

著者は、新規のクラスをスタートさせる時には「イニシャル・アセスメント・テスト」を行っています。

「スピーキング・テスト」では、簡単な具体的質問から抽象的な質問まで幅広く質問します。その1つに “What are your hobbies?” というものがあります。これに対して時々 ”drinking” とか “shopping” という返事が返ってきます。

これらの答えは「間違い」とはいいませんが、これらは「趣味(専門家としてではなく、楽しみとしてする事柄)」というよりは「気晴らし(pastime)」に属すると思います。日本語の「趣味」という言葉の適用範囲が「hobby」より広いのかもしれません。

間違え易い名詞(14)

「safety driving」か、それとも「safe driving」か

この問題は英語の問題というより、日本語の問題です。

「安全運転」を英語にしようとすると「安全=safety」「運転=driving」としてしまいそうになります。「安全運転」は「安全な運転」ですから「安全な=safe」を使って「safe driving」とするのがよいでしょう。

「safety」を名詞の前で使った例をいくつか紹介します。
safety belt(安全ベルト、シートベルト=seat belt)⇒「ベルトが安全な」のイメージではなく、「安全のためのベルト」。
safety glass(安全ガラス)
safety island(安全地帯)
safety net(安全ネット)
safety pin(安全ピン)

「景勝地」は「beautiful spot」ではなく「beauty spot」といいますが、上記の例と同じ感覚です。

「サラリーマン」は「salary man」とは言いませんが(office worker 等が使われます)、「salary man」を敢えてイメージするなら「サラリーを扱う人」でしょう。
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ