「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

実際の授業から

実際の授業から(29)

「間違ったところに来てしまった」

配管工が修理を頼まれて尋ねて来ましたが、間違った家に来てしまった場面で “I’ve come to the wrong place.” という台詞を言う場面がありました。何故「the」なんだろうか?という疑問が湧きます(屁理屈を言うと、間違った場所は他にも沢山あるハズだから “one of the wrong places” ではないか等)。辞書で「wrong」を調べてみると、「(選択・判断・方法など)間違った、誤った」という日本語が対応する使い方の例には次が出ています。
We took the wrong train.(行き先の間違った電車に乗った)
Sorry, you have the wrong number.(番号をお間違えですよ)

この3つの文に共通しているイメージは、しゃべっている人には「特定の場所・電車・番号」が浮かんでいるハズです。しかし、それだけでは「the」を選択できません。もう1つの要因は「相手も同じものを思い浮かべるハズだ」というものがなくてはなりません。

「wrong」という言葉の反対は「right」で、「wrong」でなければ「right」、「right」でなければ「wrong」というイメージが一体化している言葉です。しゃべっている人も実はこのイメージで使っているものと思われます。ですから「the」が選択されるものと思います。

実際の授業から(28)

「time」と「the time」

ヘレンがもう直ぐ赤ちゃんを産むことになっている状況で、「ある晩、彼女を病院へ連れて行く時間だった」という場面では、次の2つが考えられます。
One evening it was time to take her to the hospital.
One evening it was the time to take her to the hospital.

前者は “Time is money.”(時は金なり)とか “Time and tide wait for no man.”(歳月は人を待たず)のように「流れゆく時間」を表しています。日本語では「(経過する)時間」「時」が対応します。 “Everything changes as time goes by.”(時が経つにつれてあらゆるものが変化する)。

後者は日本語の「時期」「時機」「しかるべき時」が対応する使い方で “When the time comes, I’ll call you immediately.”(しかるべき時が来たらすぐに電話します)のように使われます。

上記の,覆蕁屬△詒佞痢併の流れの中の)何時ころに病院に来て下さい」といわれていた風景が思い浮かびます。

なら「陣痛が始まったら病院に来て下さい」等といわれていた風景が浮かびます。

実際の教材では,任靴拭

実際の授業から(27)

「a school for boys and girls」

次は Oxford University Press(イギリス)の教材からの抜粋です。

Miss Richards was a teacher at a school for boys and girls. …
She taught chemistry and physics from the lowest to the highest classes in the school. …
One year, the first class had been studying chemistry for several weeks …

最初の文を逐語訳すると「Miss Richardsは男の子と女の子のためのある学校の先生でした」となります。

次の文は「彼女は学校の一番低いクラスから一番高いクラスまで化学と物理を教えました」

最後の文は「ある年、最初のクラスは・・・」となります。

日本の「小学校」にあたる英訳は、米では「elementary school」、英では「primary school」と辞書に出ています。上記の3つの文には「小学校」と明示はありませんが、「小学校」のことだと思われます。

日本語で「Miss Richardsは男の子と女の子のためのある学校の先生でした」とだけ聞いたら、「男女共学の学校」と認識してしまうかも知れません。

また、最後の文の「the first class」が日本の「1年生」に当たるのか、それとも、学校全体での能力別クラスの一番下なのかは、著者には判断がつきかねます。

この辺りのことになると、各国の事情が呑み込めていないと「ズレ」が出てくるかもしれません。

実際の授業から(26)

「Have you any shoes like these?」

著者は中学校では「Do you have a book?」ではなく「Have you a book?」と習ったと思います。最近の教科書は全て前者のアメリカ式になっています。後者はイギリス式。イギリス式での返事は「Yes, we have some.」「No, we haven’t any.」のようになります。

イギリス英語の口語では “I have some money.” よりも “I’ve got some money.” と「have got」が「have」よりも使われているような気がします。

「Have you …」と聞いただけで「現在完了形」だと決めつけるのは危険です。

「こんな靴ありますか?」を “Are there any shoes like these?” と英訳すると、靴を買いに来たお客のセリフではなく、警察の鑑識課でのセリフのような感じがします(今まで「相棒」を見ていたから影響されているかも知れませんが)。「Do you carry …?」ならお店で使えます。

実際の授業から(25)

「現在形と過去形があるストーリー」

英語では、過去形でストーリーが始まると通例最後まで過去形(含む過去完了、過去進行形)ですが、そうではないケースに遭遇しました。

Last week Mrs Mills went to London.
She does not know London very well,
and she lost her way.

“last week” と過去を連想させる言葉で始まり、 “Mrs Mills went to London.” と過去形が使われています(なお、 “Mrs” の表記からイギリス英語であることも分かります)。

次に “She does not know London very well” と珍しく現在形が使われています。作者の心理を考えると、先週ロンドンに行った “Mrs Mills” を思い浮かべたとき、現時点でもロンドンをよく知らないというイメージが湧いてきたため現在形が使われたものと思います。

“She does not know London very well” の後のカンマに注目。カンマがあるということは、ここで絵(イメージ)は完結し、次に新しい絵(イメージ)を送るよ、というサインなのです。

“and she lost her way” は作者の意識としては “Last week Mrs Mills went to London” に続いているのでしょう。“She does not know London very well” は「挿入句」みたいなものと考えると納得いきます。

「彼女はロンドンをよく知らないので道に迷った」なら “She lost her way because she did not know London very well.” と過去形で統一しなければなりません。

普通には見落としてしまう場面ですが、時制が乱れている時には何かあると思ってください。

記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ