「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

キリスト教的考え方

キリスト教的考え方(2)

(2)イエス・キリストは実在したか

イエス・キリストのお墓は見つかっていないが文書記録があります。キリスト教の初期教会が伝える福音書です。代表的なものが新約聖書に収められている4つの福音書です。マルコによる福音書が一番古く、後からの福音書は先のものを参照して書いていると言われています。別の記録(例えばユダヤ教側の文書、ローマ側の文書)がないので弟子たちの創作だという見方も出来ますが、福音書で伝えるイエス像は比喩が豊富で、生き生きした印象を受け、ひとりの人間がそこにいるという手ごたえ、ありありとした人格の一貫性が感じられるので、実在しないのに想像で書くより、余程自然なので実在したと思われる、とこの本の著者は書いていますが、定説も「イエス・キリストは実在した」です。

この本の著者によれば「キリスト教は福音書によって成立したのではなく、福音書は、キリスト教が成立した後で、聖書に選ばれた」「キリスト教は、福音書が書かれる前に書かれたパウロの書簡によって成立した」「パウロは、その時にはもう、イエスは神の子だと確信していた」「パウロが、イエスの十字架の受難を意味づける教理を考えたので、ユダヤ教の枠におさまらない、キリスト教という宗教が成立した」「それが、福音書の編纂をうながした」とのことです。27日に掲載した「与うるは受くるより幸せなり」というイエスの言葉を紹介した場面もパウロの書簡の中にあります。

しかし福音書に書かれたイエス像がそのまま歴史上のイエスとはなりません。福音作者の創作も当然加わっているでしょう。キリスト教は(少なくともカトリックでは)「イエス・キリストを信じる」のであって「福音書に書かれたことをそのまま信じる」のではないので、これでも構わないわけです(神学的解釈は知りませんが)。

夫々の背景を持って書かれた福音書の「余分な」部分をはぎ取ってみた歴史上のイエス像は、「ナザレで生まれた(ベツレヘムで生まれたという説は、ベツレヘムが十二部族のうちユダ族に割り当てられた地域で、ダビデと縁が深いのでこれにこじつけた?)。父親は大工のヨセフで、母親はマリア。兄弟もいた。イエスも大工で地元のシナゴーグ(ユダヤ教の教会)に通い、旧約聖書をよく勉強していた。結婚していたかどうかは不明。30歳くらいでナザレを出て洗礼者ヨハネの教団に参加。そのあと何人かを連れて教団を離れ独自の活動を開始。ガラリア地方や、パレスチナの各地で説教を行い、パリサイ派(モーゼの律法の厳格な順守を主張)やサドカイ派(富裕層が多かったといわれる)とトラブルを起こした。そのあと、エルサレムに行き、逮捕され、裁判を受けて、死刑になった」

「処女懐胎」
預言者などが高齢や不妊の女性から特別の生まれ方をするという考えはキリスト教の専売特許ではなく、旧約聖書ではいくつもみられます(例えば士師記13章のサムソンの出生の経緯は新約聖書の「処女懐胎」と極めて似ていますので、これらがイエスに投影されたものと考えることもできます。新約聖書の中で一番古い「マルコによる福音書」には「処女懐胎」は出てこないで、イエスの青年期から始まっています)。

キリスト教的考え方(1)

講談社現代新書「ふしぎなキリスト教」を読み始めた。神学的解釈は別にすると、なかなか面白い。著者は英語を教えているが、常々英語の表現の発想法の裏に「キリスト教」的な物の考え方を感じ取っているので余計興味を引いている。読み進む中でこれを下敷きにしてご紹介できるものはご紹介していきたい。

この本は目次で「近代社会とは、キリスト教的考え方を具現化した社会である」と述べています。この仮説に従えば、近代社会を理解しようとすれば、キリスト教的考え方の理解は避けて通れないということになります。そして始末が悪いことに、日本はこのキリスト教的考え方の理解度が低いとも述べています。

(1)一神教と多神教
世界の3大宗教と言われている「キリスト教」「イスラム教」「仏教」のうち前の2つは一神教です。仏教における神の扱いは、神(天)とは天道の生物であり人間などと同じ生命(有情)の一種という位置づけであり、厳密には仏教徒の間で神々は帰依の対象とはならない(人の一生は苦であり永遠に続く輪廻の中で永遠に苦しむことになる。その苦しみから抜け出すことが解脱であり、修行により解脱を目指すことが初期仏教の目的であった。仏像や仏閣などは仏教が伝来した国、そして日本でも数多く見られるが、政治的な目的で民衆に信仰を分かりやすくする目的で作られたとされる)。神道は多神教です。

キリスト教の前身は「ユダヤ教」で「旧約聖書」が対応します。そして神は「怖い」存在です。イエス・キリストが出て来てキリスト教が生まれますが、「ユダヤ教」を否定している訳ではありません。「旧約聖書」も「新約聖書」と並んでキリスト教の聖典です。その意味で「ユダヤ教」と「キリスト教」との間には差はほとんどありません。新約聖書を読んでみても、イエスは律法学者を批判していますが、ユダヤ教そのものは批判してはいません。

イエスが出てきて「愛」を説き始めたので「神」の理解が難しくなりました。その前身のユダヤ教の神を考えると分かりやすいです。「神」が「人間」を作ったわけですから絶対的な存在です。人間は「モノ(奴隷、家来)」扱いです。「私は主のはしためです」的な表現が聖書の随所にみられますが、この考えを反映しているものと思います。神は全知全能で「怖い」存在ですから、神との付き合い方は「神を怒らせない(或いは神を喜ばせそうなことをする)」ことになります。第二バチカン公会議(1962−1965)までの、キリスト教の神は「怖い神さま」でした。以降は「慈悲に溢れる優しい神さま」になりました。

「ふしぎなキリスト教」では、日本人は「神さまは偉いかも知れないが仲間の1人」くらいに考えているので、神さまは大勢いる方がよい。そして神さまと仲良くすることでネットワークを広げることが生きる知恵になる、と説明しています。

丸山真男は「宇宙の起源を説明する論理は3つある。一方の極に、神が宇宙を創造する、他方の極には、宇宙は植物のように生成する(後略)」と述べていますが、日本の伝統的な考え方は後者です。英語を教えていて、日本人は「自然になる」的な表現を好むのに対して、英語人は「何かが何かを始めなければ、何もはじまらない」的な発想をすると感じています。

マックス・ウエーバーの「古代ユダヤ教」によると、ユダヤ教の神「ヤハウエ」はシナイ半島あたりで信じられていた「破壊」「怒り」の神、「腕っぷし」の強い神だったようです。周辺民族と戦争しなければならなかった人々が「戦争の神」として、ヤハウエを信じるようになった。そして、イスラエルの民がヤハウエの下にまとまった。時には平和的に、時には実力で、先住民に割り込んでカナンの地に定着し、彼らの国を作った。この段階ではヤハウエは数ある神々の1つだったが、戦争するには王がいた方が都合がよいということで、王が登場すると、預言者が神の声を聞いたということを理由にして王を選びました。王政が作り易かったわけです。ここに王政とヤハウエが結びついたわけです。

多神教が一神教になるプロセスはいくつか考えられると思いますが、一番分かり易い説明は、戦争に勝った方の神を負けた方が信じさせられ、やがて1人の神を信じるようになった、というものです。
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ