「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

話すための「1日1動詞」

話すための「1日1動詞」(write)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検文字を使って書く
一番近い日本語:「書く」
A庵峪譟ι詞を伴う使用例:(E-Gate 等から転載)
write away for …: 「米:(見本・カタログなどを)手紙で注文する」。He wrote away for the catalog of new books.(彼は新刊書のカタログを取り寄せる手紙を書いた)。
write back to …: 「・・・に返事を書く」。
write … down: 「・・・を書き留める、記録する」。write down ideas for the play(劇のアイデアを書き留める)。「・・・の価格を下げる」。
write down to …: 「・・・に合わせてレベルを下げて書く」。
write in to …: 「(新聞社などに)手紙を書く」。
write in for …: 「・・・を手紙で申し込む」。
write … in: 「・・・を書き入れる」。
write A into B: 「AをBに書き加える」。The clause was written into the old man’s will a long time ago. (その条項はずっと前にその老人の遺書に書き加えられていた)。
write… off: 「(手紙など)をすぐに書く」。I wrote off a letter of condolence to him upon hearing his wife’s death.(彼の奥さんの死の知らせを聞いてすぐにお悔みの手紙を書いた)。「(借金など)を帳簿から消す」。「・・・をないものとみなす」。She asked me to write off the debt.(彼女は借金を帳消しにして欲しいと私に頼んだ)。「英:(車など)を使いものにならないほど壊す」。
write … out: 「・・・を省略せずに書く、・・・を清書する」。Write out your name here, please.(ここにお名前を省略せずに書いて下さい)。The police wrote out a complete report.(警察は徹底した調書を作成した)。「(小切手など)を書く」。
write … up: 「・・・を(よく見えるように)高いところに書く、掲示する」。The results of the test are written up on the bulletin board.(テスト結果は掲示板に出ています)。「(報告書など)を整える、詳しく書く」。He wrote up a report about the insurance industry.(彼は保険産業についての報告書を書き上げた)。「(演劇・商品など)の批評を書く」。「米:に交通違反の切符を切る」The police wrote her up.(警官は彼女に交通違反の切符を切った)。
ぁ崕颪・描く」(E-Gateより)
write :文字を使って名前・手紙・文書・小説などを書く
draw :線を使って絵・略図・設計図などを描く
paint :彩色して絵などを描く
scribe :文字を使って走り書き・殴り書き・落書きをする
sign :署名する

話すための「1日1動詞」(work)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検А兵ら)動いて機能(力)を発揮する
一番近い日本語:「働く」
A庵峪譟ι詞を伴う使用例:(E-Gate 等から転載)
work against …: 「・・・に反対する、・・・に不利に作用する」。We are working against the amendment of the Constitution.(我々は憲法改正に反対している)。
work around/round to …: 「(風などが)徐々に・・・の方向に向きを変える、・・・にようやく取り掛かる」。
work at …: 「・・・に勤める、・・・に携わる」。「・・・を勉強する、・・・に取り組む」。
work away: 「(仕事・勉強を)せっせとし続ける(at, on)」。He worked away happily on his painting the whole day. (彼は一日中せっせと絵を描いて楽しく過ごした)。
work … in: 「・・・を挿入する、はさみ込む」。
work in: 「入り込む、侵入する」。
work in …: 「・・・を専門に扱う」。
work A into B: 「AをBの中に入れ込む、はめ込む」。The President worked a visit to an elementary school into his busy schedule. (大統領は小学校への訪問を忙しい日程に組み入れた)。「Aに手を加えてBにする」。
work … off: 「(体重)を徐々に落とす」。work one’s weight off(体重を徐々に減らす)。「(疲れ・鬱憤など)を取る」。She took a cold shower to work off her rage.(彼女は怒りをしずめるために冷たいシャワーを浴びた)。「(仕事・借金など)を片付ける、(借金)を働いて減らす」。You can work your loan off.(借金は働いて減らすことが可能だよ)。
work off: 「(ねじなどが)徐々に外れる、(痛みが)徐々にとれる」。
work on …: 「・・・に働きかける、作用する、説得する」。She’s been working on her husband for months to get him to stop smoking.(彼女は夫に禁煙させるために何か月も働きかけている)。「・・・に従事する」。
work out: 「旨くいく」。Everything will work out all right.(すべて旨く行くさ)。「(口語)身体を鍛える」。Arnold used to work out all day, but lately he’s been busy making movies.(アーノルドは以前は一日中トレーニングしていたものだが、最近は映画を作るのに忙しい)。
work out at …: 「合計・・・となる」。Your share works out at $2,765.(君の負担は計2,765ドルになる)。
work … out: 「・・・を計算する」。Work out how much money you’ll need to save to study abroad. (留学するのにどのくらい貯める必要があるのか計算してごらん)。「(答え)を出す、・・・を考え出す、・・・を達成する」。Let’s work out a plan to solve the problem.(その問題の解決策を考え出そう)。
work out +副詞句: 「結果が・・・となる」。It’ll work out cheap if we don’t eat lunch at the hotel restaurant.(ホテルのレストランで昼食を取らなければ安くなるだろう)。
work … over: 「・・・をくまなく調べる」。The police worked over the crime scene.(警察は犯罪の現場をくまなく調べた)。「(米口語)・・・をやっつける」。
work through …: 「・・・を通してやる」。Let’s work through the script.(台本を通して練習しよう)。
work up: 「(気持ちなどを)奮い起こす」。
work … up: 「(気持・興味・食欲など)を出させる」。「(地位・名声)を上げる、(勢力・事業など)をのばす」。「(材料)を作品にする、(考え・計画など)をまとめる」。
work with …: 「・・・を(仕事・研究の)対象とする、・・・を取り扱う」。The program works with the scanner.(そのプログラムはスキャナーを取り扱う)。
ぁ屬匹舛蕕砲勤めですか」「銀行に勤めています」を英訳すると “Where do you work?” “I work at a bank/for a bank”。が考えられますが、「at」は「仕事場」が強調され、「for」は「目的意識」が強調されると「E-Gate」には書いてあります。著者は “I work for Komatsu.” と言っていたように思います。

話すための「1日1動詞」(watch)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検О貭蟯間(何か変化がないだろうかと)見守る
一番近い日本語:「観察する」
A庵峪譟ι詞を伴う使用例は極めて少ないです(語源は古英語で「起きていること」の意でした)。
watch out: 「警戒する、見張る、気をつける」。Watch out! The floor is very slippery.(気をつけて! 床が滑りやすいから)。
watch over …: 「・・・を見守る、・・・を見張る」。Do you mind watching my bag while I go to the rest room? (私がトイレに行く間バッグを見ていて下さいますか)。「・・・の世話をする」。
ぁWatch your head [steps]」は「頭[足元]に気をつけて」の意。「watch」の対象には「動き」が感じられ、何が起こるかわからないという状況が連想されます。

話すための「1日1動詞」(want)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検А雰腓韻討い襪發里)(必要で)欲しい
一番近い日本語:「欲しい」
A庵峪譟ι詞を伴う使用例は極めて少ないです(語源は古ノルド語で「欠けている」の意でした)。
want in: 「(主に米)中に入りたがる、(計画などに)関わることを望む」。The project is so excellent that everybody wants in.(その計画はとてもすばらしいから皆が参加したがっている)。
want out: 「(主に米)外に出たがる、(計画などから)逃れることを望む」。I want out of this contract as it seems unreasonable.(この契約は理に適っていないようだから解約したい)。
ぁwant」については著者には強烈な思い出があります。今から28年も前に、著者は工場建設のためにアメリカはテネシー州のチャタヌーガというところに派遣されていました(当時人口約24万人の市でしたが著者はその町に住んだ最初の日本人ビジネスマンでした)。ランチを済ませて間借りしていた法律事務所に戻ると机の上にメモが置いてあり “You might want to call Mr. A. The telephone number is …”と書かれていました。直訳すれば「あなたはAさんに電話をすることを欲するかも知れない」です。状況から「電話をして下さい」とは理解しましたが当時はこの表現を知りませんでした。意訳すれば「もしAさんに電話をしたいならば電話をしたら」です。

「Do you want to do?」は口語では文脈によっては「・・・してもらえますか」の意になります。「Do you want to sit still for a while?」は「少しの間じっと座っていてもらえますか」の意。

話すための「1日1動詞」(walk)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検歩く
一番近い日本語:「歩く」
A庵峪譟ι詞を伴う使用例(E-Gate から転載)
walk away from …: 「・・・から立ち去る」。「米:(競技で)(敵)を楽々と負かす」。「(事故)から無傷で助かる」。「(責任・問題など)から逃げる」。You can’t walk away from the problem.(その問題から顔をそむけることはできないよ)。
walk away with … / walk off with …: 「・・・を持ち逃げする、間違えて持っていく」。「(賞など)を取る、かっさらう」。
walk in: 「歩いて中に入る」。「(突然入って)じゃまをする」。「(人に)出くわす(on)」
walk into …: 「(仕事など)を楽々と手に入れる」。「(わななど)にひっかかる」。「(物)にぶっつかる」。
walk off: 「(失礼な態度で)突然立ち去る」。
walk … off: 「(不快な気分・病気など)を歩いて吹き飛ばす」。I walked off my anger.(歩いて怒りをしずめた)。
walk out: 「外出する」。「ストライキをする」。「(不満を表して)突然出て行く」。
walk out on …: 「(人)を見捨てる、(責任など)を放棄する」。She walked out on her family.(彼女は家庭を見捨てて出て行った)。
walk over …: 「・・・に楽勝する」。「(人)を踏みにじる、しいたげる」。
walk … through: 「(役など)の立ち稽古をする」。
walk A through B: 「AにBの手ほどきをする」。Please walk me through the instructions one more time.(どうかもう一度手順を説明してください)。「(仕事など)をいい加減に済ます」。
walk up: 「歩み寄る」。「階上へ上がる」。
ぁwalk on air」は「足が地についていない状態にある」。「run before one can walk」は「基礎を学ばずに(無謀にも)難事に挑む」意。

記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ