「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

聖書

最後の審判(The Last Judgement)

「聖書」シリーズは今回で64回を数えます。書き始めた動機は、それまで旧約聖書は「創世記」を除いてほとんど読んだことがなかったので、旧約聖書の中の有名な箇所を読みつつ聖書全体を自分なりに理解したかったことにあります。部分的には分かった積りになったところもありますが、やはり難しいというのが実感です。新約聖書の最後は「ヨハネの黙示録」で終わりますが、そこで取り扱われているのが「最後の審判」です。

「最後の審判」とは正式には「世の終わりに人類が神によって裁かれる」ことをいいます(「公審判」)。しかし、個人・個人も死ぬときに裁かれる「私審判」もあり、私たちは、どちらかというと、この方に関心があります。

「私審判」については、新約聖書の中の『コリントの信徒への手紙二』(使徒パウロと協力者テモテが書いたもの)の5章10節には、次のようにあります。
「なぜなら、わたしたちは皆、キリストの裁きの座の前に立ち、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに行ったことに応じて、報いを受けなければならないからです。」

著者は小さい時、いつも祖母に「お天道さんは、いつも見ているよ」と言われたのを、よく覚えています。ですから、この『コリントの信徒への手紙二』も抵抗はありません。著者も地獄には行きたくはありません。しかし、困るのは、どうしたら地獄ではなく天国に行けるかのかの基準が示されていないことです(答えのないものの答えを考えるのは大変難しい)。「キリストの裁き」は「神の裁き」でしょうから、いつも「神が喜ぶ」であろうことをすればよいのであろうとは思います。

前にマグダラのマリアが「7つの悪霊」をイエスに追い出して貰ったことを書きましたが、一説によれば、この「7つの悪霊」は「驕慢、強欲、淫乱、激怒、嫉妬、大食、怠惰」ですので、このような行いをしておれば確実に地獄に行くと想像できます。しかし、悔い改めれば許して貰えるハズですので、神が本当に喜ぶのは、こんな消極的なことではないと考えます。

イエスは「愛」を説きました。ですから「人を愛する」ことを神は一番喜ぶハズです。「人を愛する」ことを意訳すれば「自分がして欲しいことを他人にせよ(Do for others what you want them to do for you.)」ということ、というのが著者の結論です。

キリスト教の迫害から国教へ

イエスの死後、キリスト教は迫害されていきますが、その経緯について「カトリック中央協議会」の資料をベースに追っていきます。

ローマの宗教政策は基本的には寛容であり、国家的一致の象徴であるローマの神々や神格化された皇帝の像を礼拝しさえすれば、土着の宗教も承認されていました。ただ、厳格に唯一神(「ヤハウェ」)を奉ずるユダヤ教だけは例外とされていたようです。
キリスト教がユダヤ教の一派とみなされていた間は、キリスト信者は皇帝礼拝を免除されていましたが、別の宗教であることが明らかになると、法的規制が強められるようになりました。キリスト信者が一切の偶像礼拝を拒んだことが、社会の安定と秩序を脅かす犯罪とみなされたのです。さらに、キリスト信者の礼拝集会は人肉を食する秘密結社とうわさされ(ワインを主の血、パンを主の肉であると表現したことが原因)、キリスト信者に対する人々の嫌悪をあおったことも迫害の嵐を激しくした一つの要因だったようです。

迫害は、初めは地方レベルで、しかも散発的でした。ローマ帝国が、国家の方針としてキリスト教に対して本格的に弾圧を加え始めたのは、3世紀半ばのデキウス帝から。この時にはアレキサンドリアの神学者オリゲネス、カルタゴの司教チプリアノなどが殉教。さらに4世紀初頭、ディオクレチアヌス帝は帝国各地の教会堂の破壊を命じ、キリスト信者に棄教を迫りました。日本における江戸時代の弾圧(特に家光の時代)にも通じるものがあります。

迫害は毎回、突発的かつ短期間でしが、そのたびに多くの棄教者が続出し、迫害の終息後には教会内部に深刻な問題をもたらしました。それは、ひとたび信仰を捨てた者は、以後教会の交わりに永久に復帰できないのか、あるいは、このような者にも救いの道がまだ残されているのかという議論です。結局、すでに指導的な地位にあったローマ教会をはじめ教会の主流が、背教者にもゆるしの道が開かれているという道を取ったことで収拾をみました。

コンスタンチヌス大帝の治世、313年の所謂「ミラノ勅令」をもって、ついにローマ帝国はキリスト教を合法的なものとみなしました。このあたりの経緯は「カトリック中央協議会」の資料には書かれていません。塩野七生さんの「ローマ人の物語」シリーズの「キリストの勝利」に詳しいですが、あくまで塩野七生さんの見方であることに留意しておく必要がありそうです。以後、帝国と教会との関係は急速に改善され、日曜日はキリストの復活の日として国家の休日となり、迫害時代に教会が被った損害には国家賠償が支払われました。さらに4世紀の終わりに、テオドシウス帝はキリスト教を国教と定めるに至ったのです。 いつの時代も宗教は政治に利用されてきた、と言うのが著者の基本的な見方です。

こうして200年以上に及んだ迫害の時代は終わり、かわって、 国権の手厚い保護がキリスト教に加わることになりました。しかし、それは同時にキリスト教の変質と教会の堕落につながる危険性をも抱えこむことになったのです。

ローマ帝国の精神的風土は多神教とヘレニズム文化によって彩られていました。そうしたなかに広がっていったキリスト教は、自己の純粋さを保つために当初から幾つかの戦いに直面しなければならなかったのです。
一つは帝国内で盛んであった種々の密儀宗教との対決です。その多くはキリスト教の洗礼や聖餐式に類似した儀式を行っていたため、聖書信仰との境目があいまいになる危険性が常にありました。また一方では、宗教の本質は超自然的知恵(グノーシス)を得ることであるとする哲学的な宗教も盛んでした。それは、霊肉二元論をうちたて、精神や魂を罪と滅びの原理である物質や肉体よりも優れたものとみなしていました。ごく初期から教会内部にはこの立場からキリストを理解しようとする者が現れ、キリストはグノーシスの現れであり、地上のイエスの肉体は仮にそう見えただけのことと唱えました。しかし、そうなれば神のことばの受肉や十字架のあがないも意味をなさなくなってしまうとして、早くも使徒パウロやヨハネは、こうした異質の信仰と戦わなければならなかったのです。

以上のような外からの迫害や内からの異端との戦いという教会の危機に対処していく過程で、正統信仰を保つ道筋が次第に整えられていきました。
第一に「司教制の確立」です。すでに2世紀初頭、アンチオケのイグナチオは、司教は使徒たちのあかしを継承する正統信仰の担い手であり、教会は司教を中心として成立することを主張しています。司教、あるいは司教団こそはあらゆる異説に対抗する防波堤、教理と信仰教育の担い手とされました。
第二に「信仰の尺度」と呼ばれた信条が制定されました。初代教会以来、洗礼志願者は信者会衆の前で信仰定式文を読み上げて信仰告白を行っていたましが、それが正統と異端を見分ける尺度として用いられるようになったのです。
第三に、正統信仰を裏づけ、保証する文献として「聖書正典」が定められました。すでに教会は旧約聖書を正典として受け入れていましたが、それに加えて典礼の場で用いられた、ナザレのイエスをキリストと証言する文献が「新約聖書」として定められたのです。
こうした司教制の確立、信条の制定、聖書正典の成立は、ほぼ迫害の終息と同じ時期にあたっています。ここにカトリック教会の土台が定まったのです。

弟子たちの伝道

イエスが捕えられ、裁判にかけられ、磔にあった時、使徒たちはイエスを裏切りました。ユダはイエスを金で売り渡し、弟子たちのリーダーであったペテロは自分がイエスの弟子であることが知れることを恐れ、「イエスと一緒にいた」ということを夜明けまで3回に亘り否定します。他の使徒たちも身を隠していました。

それが、イエスの死、復活後全世界に行って熱心に布教しました。十二使徒のうちユダは自殺し、ヨハネの福音書を書いたといわれるヨハネ以外は全員殉教しています。そこまで彼らを駆り立てたのは、やはり復活後のイエスに出会ったからでしょう。そのあたりの状況を4つの福音書の中で一番古いといわれる「マルコによる福音書」で見てみましょう

マルコ 16:1-20
さて、安息日が終わったので、マグダラのマリヤとヤコブの母 マリヤとサロメとは、イエスに油を塗りに行こうと思い、香料を買った。そして、週の初めの日の早朝、日が上ったとき、墓に着いた。彼女たちは、「墓の入口 からあの石をころがしてくれる人が、だれかいるでしょうか。」とみなで話し合っていた。ところが、目を上げて見ると、あれほど大きな石だったのに、その石 がすでにころがしてあった。それで、墓の中にはいったところ、真白な長い衣をまとった青年が右側にすわっているのが見えた。彼女たちは驚いた。青年は言った。「驚いてはいけません。あなたがたは、十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのでしょう。あの方はよみがえられました。ここにはおられません。ご覧なさい。ここがあの方の納められた所です。ですから行って、お弟子たちとペテロに、『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。前に言 われたとおり、そこでお会いできます。』とそう言いなさい。」女たちは、墓を出て、そこから逃げ去った。すっかり震え上がって、気も転倒していたからであ る。そしてだれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである。

以下は、最も初期の写本や他の初期の記録には載っていないとのことですので、多分誰かが後日書き加えたものと思われます。

さて、週の初めの日の朝早くによみがえったイエスは、まず マグダラのマリヤにご自分を現わされた。イエスは、以前に、この女から七つの悪霊を追い出されたのであった。マリヤはイエスといっしょにいた人たちが嘆き 悲しんで泣いているところに行き、そのことを知らせた。ところが、彼らは、イエスが生きておられ、お姿をよく見た、と聞いても、それを信じようとはしな かった。その後、彼らのうちのふたりがいなかのほうへ歩いていたおりに、イエスは別の姿でご自分を現わされた。そこでこのふたりも、残りの人たちのところ へ行ってこれを知らせたが、彼らはふたりの話も信じなかった。しかしそれから後になって、イエスは、その十一人が食卓に着いているところに現われて、彼ら の不信仰とかたくなな心をお責めになった。それは、彼らが、よみがえられたイエスを見た人たちの言うところを信じなかったからである。
それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、ま た、病人に手を置けば病人はいやされます。」主イエスは、彼らにこう話されて後、天に上げられて神の右の座に着かれた。そこで、彼らは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主は彼らとともに働き、みことばに伴うしるしをもって、みことばを確かなものとされた。

最後のところに「そこで、彼らは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた」とありますが、その内容は新約聖書の「使徒言行録」に収められています。

十二使徒の1人であるヤコブはスペインを中心に布教活動を行いましたが、エルサレムで殉教。一説によれば、その遺体はホタテで出来たボートに乗せられ、現在のスペイン北部のサンチャゴ・デ・コンポステラに辿りついたということで「ホタテ貝」は彼のシンボルです。彼は、スペインの守護聖人でもあります。サンチャゴ・デ・コンポステラはカトリックの3大巡礼地(他の2つは、バチカン、エルサレム)の1つになっており、著者も昔訪れたことがあります。

マグダラのマリア

最近、イエスには妻子があり妻はマグダラのマリアであるという説を発表した人がいましたが、キリスト教会ではイエスは生涯独身であったと捉えています。

マグダラのマリアがイエスの処刑、埋葬に立ち合ったことは書きましたが、どんな婦人だったのでしょうか。

マグダラのマリアについて4つの福音書に書かれているのは、七つの悪霊をイエスに追い出してもらったこと。磔にされたイエスを遠くから見守り、その埋葬を見届けたこと。そして、復活したイエスに最初に立ち会い、「すがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから」とイエスに窘められたこと。他の弟子たちにイエスの復活を告げ知らせるようにと言われ、他の弟子たちにイエスの復活を最初に告げたことです。このため彼女は「使徒たちへの使徒」 (the Apostle to the Apostles) と呼ばれました。彼女は「聖人」に列せられています。

『ルカによる福音書7章』
さて、あるファリサイ派の人が、一緒に食事をしてほしいと願ったので、イエスはその家に入って食事の席に着かれた。
この町に一人の罪深い女がいた。イエスがファリサイ派の人の家に入って食事の席に着いておられるのを知り、香油の入った石膏の壺を持って来て、38後ろからイエスの足もとに近寄り、泣きながらその足を涙でぬらし始め、自分の髪の毛でぬぐい、イエスの足に接吻して香油を塗った。イエスを招待したファリサイ派の人はこれを見て、「この人がもし預言者なら、自分に触れている女がだれで、どんな人か分かるはずだ。罪深い女なのに」と思った。そこで、イエスがその人に向かって、「シモン、あなたに言いたいことがある」と言われると、シモンは、「先生、おっしゃってください」と言った。イエスはお話しになった。「ある金貸しから、二人の人が金を借りていた。一人は五百デナリオン、もう一人は五十デナリオンである。二人には返す金がなかったので、金貸しは両方の借金を帳消しにしてやった。二人のうち、どちらが多くその金貸しを愛するだろうか。」シモンは、「帳消しにしてもらった額の多い方だと思います」と答えた。イエスは、「そのとおりだ」と言われた。そして、女の方を振り向いて、シモンに言われた。「この人を見ないか。わたしがあなたの家に入ったとき、あなたは足を洗う水もくれなかったが、この人は涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でぬぐってくれた。あなたはわたしに接吻の挨拶もしなかったが、この人はわたしが入って来てから、わたしの足に接吻してやまなかった。あなたは頭にオリーブ油を塗ってくれなかったが、この人は足に香油を塗ってくれた。だから、言っておく。この人が多くの罪を赦されたことは、わたしに示した愛の大きさで分かる。赦されることの少ない者は、愛することも少ない。」そして、イエスは女に、「あなたの罪は赦された」と言われた。同席の人たちは、「罪まで赦すこの人は、いったい何者だろう」と考え始めた。イエスは女に、「あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい」と言われた。

この女性こそマグダラのマリアです。8章で「7つの悪霊」をイエスに追い出して貰ったとあり、その7つの悪霊については諸説あるようですが、一説によれば「驕慢、強欲、淫乱、激怒、嫉妬、大食、怠惰」です。

この後、マグダラのマリアはイエスの親衛隊のリーダー格として婦人たちをまとめてイエスに従って行動します。

『マタイによる福音書28章8節』
マグダラのマリアともう一人のマリアは、安息日が終わって、週の初めの日の明け方にイエスの納められている墓に向かった。その時、大地震が起こり、墓の入り口を塞いでいた大きな石が転がり、墓の入り口が開いた。マタイによる福音書によると、それは天使の仕業であり、墓の中にはイエスの遺体はなく、天使にイエスの復活を告げ知らされた婦人たちは恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。

『ヨハネによる福音書20章16節』
しばらくしていつの間にかマグダラのマリアのそばには復活したイエスがついていたが、最初、彼女はそれがイエスだとは気づかなかった。「マリア」と呼びかけられてやっと、彼女はそうと気づいた。彼女は振り向いて、ヘブライ語で、「ラボニ」と言った。「先生」という意味である。

『ヨハネによる福音書20章17節』
そこで、イエスは自分に触れようとするマグダラのマリアに、父である神のもとへ上る前であるため、触れないようにと言われた。

「驕慢、強欲、淫乱、激怒、嫉妬、大食、怠惰」を英語で何と言うかを一例として書いておきます。
驕慢:arrogance
強欲:greed
淫乱:lecherousness
激怒:furry, rage
嫉妬:envy, jealousy
大食:gluttony, voracity
怠惰:laziness

イエスの復活と昇天

処刑のあった日の夕方、イエスの弟子で金持ちであったヨセフという人がピラトの許可を得て、イエスの遺体を受け取り、きれいな亜麻布に包み、岩に掘った自分の新しい墓の中に納め、墓の入り口には大きな石を転がしておいて立ち去り、明くる日、ピラトは墓の石に封印をさせ、番兵に見張らせました。

ここから有名な「イエスの復活と昇天」の物語は始まるのですが、4つの福音書の中では「マタイによる福音書」と「ヨハネによる福音書」は「昇天」については直接的には触れていませんので、この辺りのことを一番詳しく書いている「ルカによる福音書」に従って触れてみたいと思います。

婦人たちは安息日には掟に従って休み、週の初めの日の明け方早く、準備しておいた香料を持って墓に行ったところ、石は墓のわきに転がしてあり、中に入ってみるとイエスの遺体は見当たりませんでした。すると、2人の天使が現れ、「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。まだガラリアにおられたころ、お話になったことを思い出しなさい。人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか」と言います。

婦人たちはイエスの言葉を思い出し、墓から帰って使徒たちに、このことを告げたが、ペトロ以外は信じなかったようです。ペトロは墓に走り、このことを確認します。

それから、イエスは色々の場所で弟子達の前に姿を現します。色々の出来ごとを経て弟子たちはイエスが本当に復活したことを信じることとなります。イエスが最後に弟子達の前に姿を現したのは十一人の使徒たちが食事をしている時でした。それでもまだ信じていなかった者もいたのでイエスは魚を食べてみせました。

イエスはそれから彼らをベタニアまで連れて行き、手を上げて祝福します。そして祝福しながら天に上げられていきました。イエスの昇天です。

マタイによる福音書では、イエスの指示に従い十一人の使徒たちはガラリアに行き、指示された山に登り待っていると、イエスが現れて「全世界に布教し、洗礼を授けなさい」と告げたとあります。

この場面を英語でご紹介。
The eleven disciples(使徒) went to the hill in Galilee where Jesus had told them to go. When they saw him, they worshiped(を敬う) him, even though some of them doubted. Jesus drew near and said to them, “I have been given all authority in heaven and on earth. Go, then, to all peoples everywhere and make them my disciples; baptize(に洗礼を授ける) them in the name of the Father, the Son, and the Holy Spirit and teach them to obey everything I have commanded(に命じる) you. And I will be with you always, to the end of the age.”

「父と子と聖霊の御名によって、アーメン」という言葉は耳にされたことがあると思いますが、これが起源です。
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ