「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

映像化で覚える英単語

映像化で覚える英単語(10)

子供向けとか初心者向けに「絵辞典」を時々目にします。子供向けだと馬鹿にしてはいけません。絵(イメージ)は言葉を覚えるのに有効なツールです。何故ならば、コミュニケーションの本質は「絵(イメージ)を音で伝えること」だからです。

今、著者の手元に洋販出版の「絵で見る辞典―英語入門」があります。表紙にはマーケットの絵が描いてあります。「market」「sea gull」「mouse」「dog」「fruits」「vegetables」「fishes」「money」の単語があって、夫々の単語がどれを指し示しているかが分かるようにイラストが工夫してあります。

「sea gull」は魚を咥えています。「mouse」「dog」は夫々一匹です。「fruits」「vegetables」「fishes」の前には色々な種類の果物、野菜、魚が並んでいます。これによって通例不可算名詞と言われている「fruits」でも種類を表すときには可算名詞になることが自然に身に着きます。色々混ざったお金が地面に落ちていても「money」の表示です。

本書にはカテゴリー別にイラストがついていて、2000の単語が身につくように工夫されています。中学校での必須単語は約1000ですからその倍です。社会人にとっても役に立ちそうなものを拾ってみます。英語→日本語ならば、知っているものばかりだと思いますが、逆は瞬間的に出ぬくいと思われるものを選びました。本ブログではイラストがないので、日本語⇒映像化⇒英語の順で英単語を覚えて下さい。

『形と大きさ』
形:shape
円:circle(「丸い」はround)
正方形(の):square
三角形:triangle(「三角形の」はtriangular)
円錐:cone(「円錐の」はconic)
長方形:rectangle(「長方形の」はrectangular)
大きさ:size(人・物)、dimension(面積)、measure(寸法)
巨大な:huge, enormous, gigantic→反対は「tiny」
高さ:height
長さ:length
幅:width
体積:volume
重量:weight

『色彩』
色彩:color
色が薄い:pale
くすんだ:dull
色が濃い:dark
花柄の:flowered
水玉模様の:spotted
しま模様の: striped

『世界と宇宙』
太平洋:the Pacific Ocean
大西洋:the Atlantic Ocean
赤道:the Equator(エクアドルは赤道上にあります)
大陸:continent
宇宙:space, the universe
宇宙空間:space
望遠鏡:telescope
銀河:(the) Milky Way, the Galaxy

映像化で覚える英単語(9)

子供向けとか初心者向けに「絵辞典」を時々目にします。子供向けだと馬鹿にしてはいけません。絵(イメージ)は言葉を覚えるのに有効なツールです。何故ならば、コミュニケーションの本質は「絵(イメージ)を音で伝えること」だからです。

今、著者の手元に洋販出版の「絵で見る辞典―英語入門」があります。表紙にはマーケットの絵が描いてあります。「market」「sea gull」「mouse」「dog」「fruits」「vegetables」「fishes」「money」の単語があって、夫々の単語がどれを指し示しているかが分かるようにイラストが工夫してあります。

「sea gull」は魚を咥えています。「mouse」「dog」は夫々一匹です。「fruits」「vegetables」「fishes」の前には色々な種類の果物、野菜、魚が並んでいます。これによって通例不可算名詞と言われている「fruits」でも種類を表すときには可算名詞になることが自然に身に着きます。色々混ざったお金が地面に落ちていても「money」の表示です。

本書にはカテゴリー別にイラストがついていて、2000の単語が身につくように工夫されています。中学校での必須単語は約1000ですからその倍です。社会人にとっても役に立ちそうなものを拾ってみます。英語→日本語ならば、知っているものばかりだと思いますが、逆は瞬間的に出ぬくいと思われるものを選びました。本ブログではイラストがないので、日本語⇒映像化⇒英語の順で英単語を覚えて下さい。

『病気と怪我』
気分が悪い:feel ill→気分がよくなったら「feel better」
体温を計る:take/check one’s temperature
脈を計る:take one’s pulse
体温計:clinical thermometer
熱がある:have a temperature
処方箋:prescription
治療する:treat, cure, 傷なら「heal」
くしゃみ(をする):sneeze
吐く:vomit, throw up
注射:injection, shot(米)
応急手当:first aid
切り傷:wound
打撲傷:bruise
やけど:burn
ばんそうこう:adhesive plaster, sticking plaster(英), Band Aid
包帯:bandage
捻挫(する):sprain
手術:operation

『学校生活』
保育園:nursery school
幼稚園:preschool
小学校:elementary school(米)、primary school(英)→日本の小学校とは制度が大分異なります。
中学校:junior high school(米)、secondary school(英)→日本の中学とは制度が大分異なります。
ランドセル:school bag, small backpack
運動場:playground
休み時間: break
学期: term
時間割: timetable
科目:subject
体育:PE

個々の科目・算数関係用語は[PE]以外は割愛しました。

映像化で覚える英単語(8)

子供向けとか初心者向けに「絵辞典」を時々目にします。子供向けだと馬鹿にしてはいけません。絵(イメージ)は言葉を覚えるのに有効なツールです。何故ならば、コミュニケーションの本質は「絵(イメージ)を音で伝えること」だからです。

今、著者の手元に洋販出版の「絵で見る辞典―英語入門」があります。表紙にはマーケットの絵が描いてあります。「market」「sea gull」「mouse」「dog」「fruits」「vegetables」「fishes」「money」の単語があって、夫々の単語がどれを指し示しているかが分かるようにイラストが工夫してあります。

「sea gull」は魚を咥えています。「mouse」「dog」は夫々一匹です。「fruits」「vegetables」「fishes」の前には色々な種類の果物、野菜、魚が並んでいます。これによって通例不可算名詞と言われている「fruits」でも種類を表すときには可算名詞になることが自然に身に着きます。色々混ざったお金が地面に落ちていても「money」の表示です。

本書にはカテゴリー別にイラストがついていて、2000の単語が身につくように工夫されています。中学校での必須単語は約1000ですからその倍です。社会人にとっても役に立ちそうなものを拾ってみます。英語→日本語ならば、知っているものばかりだと思いますが、逆は瞬間的に出ぬくいと思われるものを選びました。本ブログではイラストがないので、日本語⇒映像化⇒英語の順で英単語を覚えて下さい。

『休暇』
休暇に出かける:go on holiday/vacation
荷造りをする:pack
観光をする:sightsee(「観光」は「sightseeing」)
フロント:reception
満室である:fully booked
登山に行く:go mountaineering
リュックサック:pack, backpack(米), rucksack(英)
スキー場:ski resort(施設を含みます)
ゲレンデ:ski run, ski slope
スキー板:skis
テントを張る:pitch a tent
寝袋:sleeping bag
釣竿:fishing rod
えさ:bait
魚を釣る:catch a fish

『田園風景』
(ひと目で見渡せる陸地の)景色:landscape
村、村落:village
(田舎の風景を連想させる)田舎:countryside
のどかな:peaceful。「天候・海」の場合は “calm”、「気候」の場合は “mild”
牧草地:meadow
野草: wild flowers
花を摘む: pick flowers
森: wood(s)
低地、くぼ地:valley
土手:bank

花、動物、昆虫等の名前は割愛しました。

『農場』
農場:farm
納屋:barn
乳をしぼる:milk the cows
たまごを産む:lay eggs
耕地:field
種をまく:sow
収穫する: harvest
かかし: scarecrow

家畜、果樹の名前は割愛しました。

映像化で覚える英単語(7)

子供向けとか初心者向けに「絵辞典」を時々目にします。子供向けだと馬鹿にしてはいけません。絵(イメージ)は言葉を覚えるのに有効なツールです。何故ならば、コミュニケーションの本質は「絵(イメージ)を音で伝えること」だからです。

今、著者の手元に洋販出版の「絵で見る辞典―英語入門」があります。表紙にはマーケットの絵が描いてあります。「market」「sea gull」「mouse」「dog」「fruits」「vegetables」「fishes」「money」の単語があって、夫々の単語がどれを指し示しているかが分かるようにイラストが工夫してあります。

「sea gull」は魚を咥えています。「mouse」「dog」は夫々一匹です。「fruits」「vegetables」「fishes」の前には色々な種類の果物、野菜、魚が並んでいます。これによって通例不可算名詞と言われている「fruits」でも種類を表すときには可算名詞になることが自然に身に着きます。色々混ざったお金が地面に落ちていても「money」の表示です。

本書にはカテゴリー別にイラストがついていて、2000の単語が身につくように工夫されています。中学校での必須単語は約1000ですからその倍です。社会人にとっても役に立ちそうなものを拾ってみます。英語→日本語ならば、知っているものばかりだと思いますが、逆は瞬間的に出ぬくいと思われるものを選びました。本ブログではイラストがないので、日本語⇒映像化⇒英語の順で英単語を覚えて下さい。

『列車の旅』
改札口:(ticket)gate, (ticket) wicket, entrance, barrier(英)
切符売り場:ticket office
片道切符:one-way ticket, single ticket(英)
往復切符:round-trip, two-way ticket(米), return ticket(英)
定期券:commuter’s ticket, commuter pass(米), season ticket(英)
切符販売機:ticket machine
手荷物一時預かり所:baggage room(米), left-luggage office(英)
入場券:admission ticket, platform ticket(英)
汽車に間に合う:catch the train
汽車に乗り遅れる:miss the train
網棚:baggage rack, luggage-rack(英)
つり革:strap
てすりにつかまる:hold onto the rail

『空の旅』
手押し車:cart, trolley(英)
手荷物:hand baggage(米), hand luggage(英)
出発手続き:check-in
飛行機に乗り込む:board the airplane
離陸する:take off
着陸する:land
誘導路を移動する: taxi
税関: customs
検疫: quarantine
申告物はありません:(I have) Nothing to declare.

『船の旅』関係は、最近は少なくなったと思いますので、割愛します。

映像化で覚える英単語(6)

子供向けとか初心者向けに「絵辞典」を時々目にします。子供向けだと馬鹿にしてはいけません。絵(イメージ)は言葉を覚えるのに有効なツールです。何故ならば、コミュニケーションの本質は「絵(イメージ)を音で伝えること」だからです。

今、著者の手元に洋販出版の「絵で見る辞典―英語入門」があります。表紙にはマーケットの絵が描いてあります。「market」「sea gull」「mouse」「dog」「fruits」「vegetables」「fishes」「money」の単語があって、夫々の単語がどれを指し示しているかが分かるようにイラストが工夫してあります。

「sea gull」は魚を咥えています。「mouse」「dog」は夫々一匹です。「fruits」「vegetables」「fishes」の前には色々な種類の果物、野菜、魚が並んでいます。これによって通例不可算名詞と言われている「fruits」でも種類を表すときには可算名詞になることが自然に身に着きます。色々混ざったお金が地面に落ちていても「money」の表示です。

本書にはカテゴリー別にイラストがついていて、2000の単語が身につくように工夫されています。中学校での必須単語は約1000ですからその倍です。社会人にとっても役に立ちそうなものを拾ってみます。英語→日本語ならば、知っているものばかりだと思いますが、逆は瞬間的に出ぬくいと思われるものを選びました。本ブログではイラストがないので、日本語⇒映像化⇒英語の順で英単語を覚えて下さい。

『電話』
市外局番:area code
電話帳:telephone directory
電話が鳴る:ring
電話に出る: answer the phone
どちら様ですか:Who’s speaking?
あとで電話します:I’ll call you back (later).
電話を切る:hang up
公衆電話:telephone booth(米), telephone box(英)

『交通手段』
・・・はどちらの道ですか:Which way is …?
・・・までは遠いですか:Is it far (from here) to … ?
バスに乗る:take the bus (実際の乗り降りは get on / get off)
交通渋滞:traffic jam
タクシー乗り場:taxi stand(米), taxi rank(英)
タクシーを呼びとめる:hail a taxi

『自動車の運転』
発進する:start (off)
速度を増す:speed (up), gather speed
速度を落とす:slow down
脇道:side road, side street
衝突:collision
ハンドル:steering wheel
フロントガラス:windscreen
方向指示器:blinkers(米), winkers(英)
トランク:trunk(米), boot(英)
パンクする:have a flat tire
満タンにする:fill up
ガソリンスタンド:gas station(米), petrol station(英)
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ