「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

生の英語

生の英語―「The Graduate」から(35)

最終回は宗教的な背景が分からないと意味が分かりませんので最初から解説をつけます。

ベンがひげもそらず、本当に疲れた顔をしてハイウエイを運転してきますが、SANTA BARBARAへ行く道に差し掛かったところで高速を降り、ガソリン・スタンドに飛び込みます。時刻は午後2時5分です。ベンが係員に話しかけます。
(Ben) Do you have a phone?
係員が黙って公衆電話を指差します。ベンは電話器の下にぶら下がっている電話帳に手を伸ばします。電話帳を繰っていましたが「Smith, Carl W., M.D.」のところで手が止まります。ベンは10セント硬貨を入れます。
(女性の声) 657-2036
(Ben) Hello - who is this?
(女性の声) This is Dr. Smith's answering service.:「answering service」は「留守番電話取り次ぎ業」。
(Ben) Is the doctor anywhere?
(女性の声) Well - you see - the doctor is at his son's wedding, but I'm sure it's over by now. :「by now」は「今頃は」の意の成句で頻繁に使われます。是非覚えて欲しい成句の1つです。
He should be checking in any moment -:「should」は「shall」の過去形ですから仮定法。「もし神が存在するなら神の意思で・・・だろう」⇒「多分・・・のハズだ」。「彼は今にも戻ってきたことを連絡してくると思いますよ」。
(Ben) Listen to me. I am Dr. Smith's brother - Reverend Smith - and I am supposed to perform the ceremony. :「Reverend Smith」は「スミス牧師」の意になります。
I just got in - from - Portland - and I've forgotten what church – you see?
ガソリン・スタンドの係員が読んでいた雑誌を置いて、疑わしそうにベンをじーと眺める。
(女性の声)  Oh. Well - I'm not sure - but you might try the First Presbyterian.:「you might」は「・・・して下さい」の丁寧な言い方。「Presbyterian」は「長老派教会」と訳されているプロテスタントの1宗派。
That's on Allan Street.
(Ben) Thank you.
(女性の声) I certainly hope you -
ベンは電話を切って、係員の方に向きます。
(Ben)  Allan Street. Where is it?
(係り員) Six blocks up - three blocks over.:「over」は「↷」のイメージです。「北へ6ブロックー3ブロック戻る」。
ベンは車に乗ります。
(係り員)  You need any gas, Father?:「Father」は「神父」でカトリックです:
(Ben) I'm not a priest - I'm a minister.「私は司祭ではありませんー牧師です」
ベンの車がUターンするために交差点の中で止まります。ガス欠になりますが、かろうじてUターンし、敷石のところまでゆっくり行き、そこで止まります。ベンは大慌てで車を降り、ドアを開けたまま通りを走って下って行きます。見上げると通りの反対側に捜している教会を見つけます。ベンはAllan Streetに出て尚も走って行くと、通りの反対側に目指す教会を見つけます。通りを横切っていくと教会の前に何台かの車が駐車していますが、その中にMrs. Robinson の車を見つけます。時刻は午後2時15分。ベンは入り口を開けようとしますが閉まっていて開きません。ガラス越しには教会の前の方で式が行われているのが見えます。ベンは教会の横に回ります。入り口を探し、中に入ります。ガラスの窓から下が見下ろせるバルコニーがあります。階段を上がってベンが見下ろすと、牧師が本を閉じ、何か言うとCarl Smith がキスしようとします。:映画ではキス直前で次の大騒動が起ります。
(Ben) Oh, Jesus - God - no -
ベンはガラスに手をつきうなだれる。オルガンの音が鳴り響きます。ベンは背筋を伸ばして言います。
No!:ここはプロテスタントの結婚式のしきたりを知らないと理解できません。以下はネットからの転載。
『式の最も重要な部分は、神と証人との前での誓約です。牧師は式辞の中で、次のように言います。
「---- そこで、出席の皆さんのうち、この結婚に正当な理由で異議のある方は、今ここで、それを申し出てください。今、申し出がなければ、後日、異議を申し立て、二人の平和を破ってはなりません。
 次に、あなたがた二人に申し上げます。人の心を探り知られる神の御前に、静かに省み、この結婚が神の律法にかなわないことを思い起こすなら、今ここで言い表してください。神のことばに背いた結婚は、神が合わせられるものではないからです。」』

ベンはガラスの中央部に来てガラスをドンドン叩き始めます。
Elaine - Elaine!
参列者は皆、見上げます。
ベンは窓を叩いて叫んでいますが参列者には聞こえません。
Mrs. Robinson は勝ち誇ったような微笑みをします。
Mr. Robinsonがベンを見ます。
Carl もベンを見ます。
エレインはベンを見上げて通路をベンの方に向かって行きます。驚愕しています。Mr. Robinson、Carl、Mrs. Robinsonがエレインの方に動きます。オルガンは鳴り響いています。今や、エレインの名を呼ぶベンの声が聞こえます。
(Carl) Who is that guy? What's he doing?
(Mr. Robinson) I'll take care of him.
(Mrs. Robinson) He's too late.:異議申し立てが間に合わなかったということです。形式的には異議申し立ては式の最初に行われるハズですから「too late」です。
他の参加者は皆困惑して何かしゃべっています。
エレインが叫びます。
(Elaine) Ben!
ベンは階段を下りてエレインを連れて逃げようとします。ベンはエレインの手を取って、ドアの方に動きます。
(Ben) Come on - don't faint.
牧師の身なりをした男が入り口をガードしています。
(Ben) Out of my way!
ここからベンはMr. Robinson、Carl と大立ち回りします。ベンは金の十字架をCarlに振り回します。Carl は他の客の方に退避せざるを得ません。

場面が変わって、Mrs. Robinsonがエレインの所に行って彼女の手首を取ります。
(Mrs. Robinson) Elaine - it's too late.
エレインは手を振り払います。
(Elaine) Not for me.:ここでは「私にはtoo lateではない」の意。

場面が変わって、ベンはドアの前に立ちふさがっている男に金の十字架を振りあげます。:この場合の十字架は武器だけの意味しかないわけではありません。「この紋所が見えぬか!」と神の権威を振りかざしているわけです。
(Ben) MOVE!
男はドアから離れます。エレインが入り口を開け、ベンと共に外に出ます。
(Ben) Run, Elaine, run!

2人は歩道を走って逃げます。ドアが閉まりかけたバスに飛び乗ります。
(Ben) How much?
(運転手)  Where do you want to go?
(Ben) To the end.
2人は後部座席に腰掛けます。皆振返ります。それもそのはず、エレインは花嫁姿で、ベンは上着が乱闘で半分破けているのですから。
(Ben)  Let's go. Let's get this bus moving!
運転手は車を出します。
(Elaine) Benjamin?
(Ben) What?
エレインがベンの手を取る。:映画のエンデイングはバスの中の2人の表情を追っていくものだったと記憶しています。最初は2人で後部座席の窓から後ろを見てにこやかに笑っていましたが、正面を向いた2人は決して微笑んではいません。見る人それぞれに余韻を残したものでした。

以上で本シリーズは終了します。

この映画は1969年にアメリカから帰国の途中にどこか田舎の映画館で見たもので、当時「分かった」と思ったものでしたが、今回解説してみて本当には「よく分かっていなかった」ことが分かりました。言葉の裏には「文化」「習慣」等色々なものがあることを改めて知らされた1カ月間でした。

生の英語―「The Graduate」から(34)

いよいよ大詰めです。次回で完了の予定。

Carl Smithの居場所をつきとめたベンはその寮(fraternity house)の食堂に入っていきます。皆、朝食中です。
(Ben) Say - fellows -
皆、食事をやめてベンの方に振り向く。
Do any of you fellows know where Carl Smith is?
(寮生1) He took off in the middle of the night to get married.
(寮生2) Probably one step ahead of the shotgun.
(Ben) Do you happen to know where he's getting married? I'm supposed to be there.
(寮生2) Why don't you ask Carter?
(Ben) Would you happen to know where I might find him?
(寮生2) He's probably still in the sack. He's always in the sack.
皆笑い出す。
Or in the can.
皆大笑いし、ベンも丁寧に微笑み返します。

場面が変わって寮の洗面所。寮生たちが洗面しています。ベンがドアの所に立っています。
(流し台にいる男) Hey, Carter - where's the Make Out King getting married?
(トイレの便器に座っているCarterの声) Santa Barbara.
(Ben) 聞こえてきた声の方に向かって
You don't happen to know exactly where the Make Out King is getting married, do you? I'm supposed to be there.
(トイレの便器に座っているCarterの声) I don't know. Maybe at his old man's home.
(流し台にいる男) You going to the wedding?
(Ben) Yes.
(流し台にいる男) Give the bride a message for me. Tell her to act surprised.
皆、爆笑。


【解説】
Carl Smithの居場所をつきとめたベンはその寮(fraternity house)の食堂に入っていきます。皆、朝食中です。
(Ben) Say - fellows -
皆、食事をやめてベンの方に振り向く。
Do any of you fellows know where Carl Smith is?
(寮生1) He took off in the middle of the night to get married.:「真夜中に結婚するために急いで出発した」
(寮生2) Probably one step ahead of the shotgun.:直訳は「多分、その猟銃より一歩先に」。「出来ちゃった婚」のことを「shotgun wedding」といいますが、これは娘の父親が猟銃を持って孕ませて男のところに脅しに行くことに由来します。この「the shotgun」はそれに引っかけています。ニュアンスとしては「どなりこまれる直前」のイメージ。
(Ben) Do you happen to know where he's getting married? I'm supposed to be there.
(寮生2) Why don't you ask Carter?
(Ben) Would you happen to know where I might find him?:丁寧な質問。「どこに行けば彼に会えるかご存知ですか」
(寮生2) He's probably still in the sack. He's always in the sack.
皆笑い出す。「in the sack」は俗語で「寝ている」の意。
Or in the can.」:「in the can」は俗語で、ここでは「便所にいる」の意。
皆大笑いし、ベンも丁寧に微笑み返します。

場面が変わって寮の洗面所。寮生たちが洗面しています。ベンがドアの所に立っています。
(流し台にいる男) Hey, Carter - where's the Make Out King getting married?:「make out」は、ここでは「異性とうまくやる、愛撫する、ネッキングする、性交する」の意で使われています。上記の「Probably one step ahead of the shotgun.」という台詞と関係しています。
(トイレの便器に座っているCarterの声) Santa Barbara.
(Ben) 聞こえてきた声の方に向かって
You don't happen to know exactly where the Make Out King is getting married, do you? I'm supposed to be there.
(トイレの便器に座っているCarterの声) I don't know. Maybe at his old man's home.:「old man」は、ここでは「おやじ」の意。
(流し台にいる男) You going to the wedding?
(Ben) Yes.
(流し台にいる男) Give the bride a message for me. Tell her to act surprised.:「驚いたふりをするように伝えて下さい」。状況から考えて「初体験の振りをしろ」の意だと思います。
皆、爆笑。

生の英語―「The Graduate」から(33)

ベンが大学の構内にある寮の受付に居ます。
(受付係) Elaine Robinson has left the school. Her roommate is coming down with a note for you.

ベンが国道1号線でロスに車を走らせています。手紙の封筒が破られて開けられています。エレインの声だけが画面に被ってきます。
(Elaine) Dear Benjamin - I promise you some- say I will write a long letter about everything but right now I can't thank and all I can say to you is please forgive me because I know what I'm doing is the best thing for you. My father is so upset you've got to understand. I love you, but it would never work out.

場面が変わって、ベンはロビンソン家の塀を乗り越えて、裏庭に入って行き、
エレインの部屋に向かってささやくようにエレインの名を叫びますが、返事がないので小石を投げます。反応がないので裏口で靴を脱いでポケットに入れ、中に入ります。サン・ルームから廊下へ、そして階段を上がっていきます。そしてエレインの部屋に入ります。誰か動く気配があります。
(Ben) Elaine?
Mrs. Robinson がエレインの衣服を持ってエレインのクロゼットから出てきます。
(Mrs. Robinson) Hello, Benjamin.
Mrs. Robinson は立ち止まらないで、ベンの脇を通って廊下に出ます。ベンは廊下を通ってMrs. Robinson について行き、彼女の部屋に入ります。
(Ben) Where is she?
Mrs. Robinson は立ち止まることなく、エレインの衣類を半分詰め込まれたベッドの上のスーツ・ケースの横に置き、電話器を取り上げ「0」を回します。
(Mrs. Robinson) Hello. Get me the police, please.
(Ben) Where is Elaine?
(Mrs. Robinson) I'll be with you in a moment, Benjamin.
受話器に向かって、
Will you send a police car to twelve hundred Glenview Road. We have a burglar here. Just a second. I'll ask him.
ベンに向かって
Are you armed?
受話器に向かって、
No - I don't believe he is. Thank you.
電話を切ります。
(Ben) What have you done to her?
(Mrs. Robinson) I think we have everything quite under control now, Benjamin. Would you like a quick drink before you go?
Mrs. Robinsonはナイト・テーブルの上のグラスに一杯ついで一口飲みます。
(Ben) Mrs. Robinson. I'll find her.
(Mrs. Robinson) I'm sorry we won't be able to invite you to the wedding, Benjamin, but the arrangements have been so rushed –
(Ben) What the hell have you done?
警察の車の音がします。
(Mrs. Robinson) Ahh. I don't think you'll have time for that drink after all.
(Ben) I'll find her.
(Mrs. Robinson) I don't think so.
警察の車のドアが開く音がします。ベンが大急ぎで裏から逃げて行きます。


【解説】
ベンが大学の構内にある寮の受付に居ます。
(受付係) Elaine Robinson has left the school. Her roommate is coming down with a note for you.

ベンが国道1号線でロスに車を走らせています。手紙の封筒が破られて開けられています。エレインの声だけが画面に被ってきます。
(Elaine) Dear Benjamin - I promise you some- say I will write a long letter about everything but right now I can't thank and all I can say to you is please forgive me because I know what I'm doing is the best thing for you. :「say」はここでは挿入句として間投詞的に「例えば」のようなニュアンスです。
My father is so upset you've got to understand.:My father is so upset (that) you've got to understand.の「that」が省略されています。
I love you, but it would never work out.:仮定法。「例え結婚したとしても、私達の結婚は決して旨く行かないでしょう」。

場面が変わって、ベンはロビンソン家の塀を乗り越えて、裏庭に入って行き、
エレインの部屋に向かってささやくようにエレインの名を叫びますが、返事がないので小石を投げます。反応がないので裏口で靴を脱いでポケットに入れ、中に入ります。サン・ルームから廊下へ、そして階段を上がっていきます。そしてエレインの部屋に入ります。誰か動く気配があります。
(Ben) Elaine?
Mrs. Robinson がエレインの衣服を持ってエレインのクロゼットから出てきます。
(Mrs. Robinson) Hello, Benjamin.
Mrs. Robinson は立ち止まらないで、ベンの脇を通って廊下に出ます。ベンは廊下を通ってMrs. Robinson について行き、彼女の部屋に入ります。
(Ben) Where is she?
Mrs. Robinson は立ち止まることなく、エレインの衣類を半分詰め込まれたベッドの上のスーツ・ケースの横に置き、電話器を取り上げ「0」を回します。⇒交換台を経由しての電話です。
(Mrs. Robinson) Hello. Get me the police, please.
(Ben) Where is Elaine?
(Mrs. Robinson) I'll be with you in a moment, Benjamin.
受話器に向かって、
Will you send a police car to twelve hundred Glenview Road. We have a burglar here. Just a second. I'll ask him.
ベンに向かって
Are you armed?:「武器を持っているか?」
受話器に向かって、
No - I don't believe he is. Thank you.
電話を切ります。
(Ben) What have you done to her?
(Mrs. Robinson) I think we have everything quite under control now, Benjamin. Would you like a quick drink before you go?:仮定法。「もしよければ行く前にさっと一杯やりませんか」
Mrs. Robinsonはナイト・テーブルの上のグラスに一杯ついで一口飲みます。
(Ben) Mrs. Robinson. I'll find her.
(Mrs. Robinson) I'm sorry we won't be able to invite you to the wedding, Benjamin, but the arrangements have been so rushed –
(Ben) What the hell have you done?
警察の車の音がします。
(Mrs. Robinson) Ahh. I don't think you'll have time for that drink after all.
(Ben) I'll find her.
(Mrs. Robinson) I don't think so.
警察の車のドアが開く音がします。ベンが大急ぎで裏から逃げて行きます。





生の英語―「The Graduate」から(32)

ベンが宝石屋で宝石を買い、他の買い物もし、花も買ってルンルン気分で下宿に帰ってきてドアをあけると、そこには暗がりの中で Mr. Robinson が椅子に腰かけています。ベンは非常に驚きます。
(Mr. Robinson) Do you want - do you want to try and tell me why you did it?
(Ben) Mr. Robinson?
(Mr. Robinson) Do you have a special grudge against me? Do you feel a particularly strong resentment for me?
(Ben) No, it's not --
(Mr. Robinson) Is there something I've said that's caused this contempt? Or is it just the things I stand for that you despise?
(Ben) It was nothing to do with you, sir.
(Mr. Robinson) Well, Ben, it was quite a bit to do with me.
ベンが一歩前に出る。
(Ben) Now look - please -
(Mr. Robinson) Ben, I think we're two civilized human beings. Do you think it's necessary to threaten each other?
(Ben) I am not threatening you.
(Mr. Robinson) Do you want to unclench your fists, please? Thank you. I can see in the dark, you know. I've been here quite a while.
(Ben) I am trying to tell you I have no personal feelings about you, Mr. Robinson. I am trying to tell you I do not resent you.
(Mr. Robinson) You don't respect me terribly much either, do you?
(Ben) No, I don't.
(Mr. Robinson) Well, I don't think we have a whole lot to say to each other,
Ben. I do think you should know the consequences of what you've done. I do think you should know that my wife and I are getting a divorce soon.
(Ben) But why?
(Mr. Robinson) Why?
(Ben) It shouldn't make any difference what happened.
(Mr. Robinson) That's quite a statement.
(Ben) Listen to me. We got - we got into bed with each other. But it was nothing. It was nothing at all. We might - we might just as well have been shaking hands.
(Mr. Robinson) Shaking hands. Well, that's not saying much for my wife, is it?
(Ben) You miss the point.
(Mr. Robinson) Don't shout at me, Ben.
(Ben) The point is - I don't love your wife. I love your daughter, sir.
(Mr. Robinson) Well - I'm sure you think you do, Ben, but after a few times in bed with Elaine I feel quite sure you'd get over that as quickly as you -
(Ben) HUH?
(Mr. Robinson) I think I've talked about this enough. I don't know how far I can go, Ben. I don't know if I can prosecute or not, but I think maybe I can. In the light of what's happened I think maybe I can get you behind bars if you ever look at my daughter again. I have seen Elaine and I have spent the afternoon taking steps to insure...
Mr. Robinson がベッドに上がってドアの方へ行く。ベンが一歩近づく。
(Mr. Robinson) Stay away from me, Ben!
Mr. Robinsonがドアのところに立つ。
(Mr. Robinson) I don't want to mince words with you. As far as Elaine's concerned you're to get her out of your filthy mind right now. Is that
perfectly clear to you? That's all, Ben. You'll pardon me if I don't shake hands with you.
Mr. Robinson がドアを開けて、廊下に出ようとする。
(Mr. Robinson) I think you are filth.
Mr. Robinson が廊下から帰って行く。
I think you are scum.
Mr. Robinson が階段を降りかける。下宿屋の主人が階段のところに立って聞き耳を立てている。
(Mr. Robinson) You are a degenerate!
Mr. Robinson が下宿屋の主人の横を通り過ぎて行く。
ベンがドアのところまで歩いて行き、廊下を覗きこみ下宿屋の主人を見る。それからドアを閉めて窓のところに行き、外を見る。
Mr. Robinson がタクシーに乗ろうとしている。
ベンが部屋から走り出る。
ベンは廊下を走って降りる。下宿屋の主人が公衆電話のそばに立っている。
(Ben) Mr. McCleery - do you have some change? I need to use the phone?
(下宿屋の主人) I want you out of here.
ベンがお金を取り出す。
(Ben) Look - I'll give you ten dollars for a dime - I'll give you
twenty - for God's sake, will you let me use that phone?
(下宿屋の主人)  I am going to call the police now.
(Ben)  Could I make one phone call first?
(下宿屋の主人) Get out!
ベンはお金をポケットに入れ、階段を降り建物の外に出て、通りを走って行き、見えなくなります。

【解説】
ベンが宝石屋で宝石を買い、他の買い物もし、花も買ってルンルン気分で下宿に帰ってきてドアをあけると、そこには暗がりの中で Mr. Robinson が椅子に腰かけています。ベンは非常に驚きます。
(Mr. Robinson) Do you want - do you want to try and tell me why you did it?:直訳すると「あなたは試みて、何故それをしたのかを私に話したいと思うか」ですが「話していただけませんか」の意。
(Ben) Mr. Robinson?:そこにいるのは「Mr. Robinsonか」と尋ねています。
(Mr. Robinson) Do you have a special grudge against me? Do you feel a particularly strong resentment for me?:「grudge」は「敵愾心」、「resentment」は「憤り」。
(Ben) No, it's not --:「いいえ、それ(Mrs. Robinson とのこと)は・・・でない」と言いかけて口をつぐんでいます。
(Mr. Robinson) Is there something I've said that's caused this contempt?:「contempt」は「さげすみ」。
Or is it just the things I stand for that you despise?:「それともあなたが軽蔑するのは私が我慢していることなのか?」
(Ben) It was nothing to do with you, sir.:「それ(Mrs. Robinson とのこと)はあなたとは何も関係ない」
(Mr. Robinson) Well, Ben, it was quite a bit to do with me.:「quite a bit」は「かなり」の意。
ベンが一歩前に出る。
(Ben) Now look - please -
(Mr. Robinson) Ben, I think we're two civilized human beings. Do you think it's necessary to threaten each other?
(Ben) I am not threatening you.
(Mr. Robinson) Do you want to unclench your fists, please? :「握りこぶしをほどいて下さい」
Thank you. I can see in the dark, you know. I've been here quite a while.
(Ben) I am trying to tell you I have no personal feelings about you, Mr. Robinson. I am trying to tell you I do not resent you.
(Mr. Robinson) You don't respect me terribly much either, do you?
(Ben) No, I don't.
(Mr. Robinson) Well, I don't think we have a whole lot to say to each other,
Ben. I do think you should know the consequences of what you've done. I do think you should know that my wife and I are getting a divorce soon.
(Ben) But why?
(Mr. Robinson) Why?
(Ben) It shouldn't make any difference what happened.:「It」は所謂「仮主語」で真の主語は「what happened」。「何があったかはなんの関係もない」
(Mr. Robinson) That's quite a statement.:「それは本当に素晴らしい発言だ」(皮肉です)。
(Ben) Listen to me. We got - we got into bed with each other. But it was nothing. It was nothing at all. We might - we might just as well have been shaking hands.:「might just as well …」は文法的には仮定法ですが(考え方によっては・・・と同じかも知れない)、「…する方がましだ、…するのと同じである、…するようなものだ、…するのも同様だ」の意の成句。「私たちは握手をしていたようなものだ」
(Mr. Robinson) Shaking hands. Well, that's not saying much for my wife, is it?:「saying much for …」は「・・・を高く評価する」の意の成句。
(Ben) You miss the point.
(Mr. Robinson) Don't shout at me, Ben.
(Ben) The point is - I don't love your wife. I love your daughter, sir.
(Mr. Robinson) Well - I'm sure you think you do, Ben, but after a few times in bed with Elaine I feel quite sure you'd get over that as quickly as you -:「エレインと何回かベッドを共にした後では、お前が(妻との関係を終わりにしたのと同様に)早くエレインを愛するのを終わりにするのは全く確実だと感じている」
(Ben) HUH?:「えっ?」
(Mr. Robinson) I think I've talked about this enough. I don't know how far I can go, Ben. I don't know if I can prosecute or not, but I think maybe I can. :「prosecute」 は自動詞では「法的補償を求める」の意。
In the light of what's happened I think maybe I can get you behind bars if you ever look at my daughter again. :「今までにあったことに照らして、もしお前が娘を再び見ることがあれば多分お前を監獄に送り込むことが出来ると思う」
I have seen Elaine and I have spent the afternoon taking steps to insure...
Mr. Robinson がベッドに上がってドアの方へ行く。ベンが一歩近づく。
(Mr. Robinson) Stay away from me, Ben!
Mr. Robinsonがドアのところに立つ。
(Mr. Robinson) I don't want to mince words with you.:「mince」はここでは「・・・を気どって話す」意。
As far as Elaine's concerned you're to get her out of your filthy mind right now. :「filthy」は「汚れた」の意。
Is that perfectly clear to you? That's all, Ben. You'll pardon me if I don't shake hands with you.
Mr. Robinson がドアを開けて、廊下に出ようとする。
(Mr. Robinson) I think you are filth.
Mr. Robinson が廊下から帰って行く。
I think you are scum.:「scum」は「かす、くず」の意。
Mr. Robinson が階段を降りかける。下宿屋の主人が階段のところに立って聞き耳を立てている。
(Mr. Robinson) You are a degenerate!:「degenerate」は「堕落した人」の意。
Mr. Robinson が下宿屋の主人の横を通り過ぎて行く。
ベンがドアのところまで歩いて行き、廊下を覗きこみ下宿屋の主人を見る。それからドアを閉めて窓のところに行き、外を見る。
Mr. Robinson がタクシーに乗ろうとしている。
ベンが部屋から走り出る。
ベンは廊下を走って降りる。下宿屋の主人が公衆電話のそばに立っている。
(Ben) Mr. McCleery - do you have some change? I need to use the phone?
(下宿屋の主人) I want you out of here.
ベンがお金を取り出す。
(Ben) Look - I'll give you ten dollars for a dime - I'll give you
twenty - for God's sake, will you let me use that phone?
(下宿屋の主人)  I am going to call the police now.
(Ben)  Could I make one phone call first?
(下宿屋の主人) Get out!
ベンはお金をポケットに入れ、階段を降り建物の外に出て、通りを走って行き、見えなくなります。

生の英語―「The Graduate」から(31)

大学の構内で生徒たちが建物から建物へ忙しく移動しています。ベンがエレインと並んで歩いています。
(Ben) We could go down and get our blood tests tomorrow.
(Elaine) Tomorrow?
(Ben) Or this afternoon. It's a good day for it.
(Elaine) Benjamin - I haven't even said I'll marry you yet.
(Ben) We'll need our Birth Certificates. I happen to have mine with me.
Where's yours?
建物の中に入ります。
(Elaine) I just don't think it would work.
(Ben) Why wouldn't it?
ベルが鳴ってエレインは教室の中に入って行き、教室のドアは閉じられます。
ベンは教室の外で待っています。
ベルが鳴ってエレインが教室から出てきます。
(Ben) Why wouldn't it?
(Elaine) I just don't think it would...
エレインが歩き始め、出口から出て行きます。ベンも他の生徒をかきわけてついて行きます。

場面が変わって体育館の中です。
20人程の女の子たちがバスケットボールの練習をしています。エレインはベンチに座っています。ベンが後ろから話しかけます。
(Ben) Tomorrow then - can we get our blood tests tomorrow morning?
エレインが振り向いてベンを見ます。
(Elaine) Why don't you just drag me off if you want to marry me so much?
(Ben) Why don't I just drag you off? All right - I will. Right after we get the blood tests.
(Elaine) Well - I have to see Carl first.
(Ben) Carl who?
エレインがナイス・シュートに立ちあがって拍手します。
(Ben) Carl who?
(Elaine) Carl Smith. He's a medical student. We've known him for years.
(Ben) Who - that guy at the Zoo?
(Elaine) Yes.
(Ben) Why do you have to see him?
(Elaine) Well -- I said I might marry him.
何人かの生徒がベンチに戻って来て、入れ替わりにエレイン達がコートに飛びだして行きます。
ベンが叫びます。
(Ben) You WHAT?

場面が変わって学校の図書館。ベンはエレインが座っている学習用のテーブルの向こう側に座っています。
(Ben) How did he do it? Did he get down on his knees? He didn't get down on his knees, I hope.
(Elaine) No, Benjamin.
(Ben) Well, what did he say? I'm curious.
(Elaine) He said he thought we'd make a pretty good team.
(Ben) Oh no. He said that.
(Elaine) Shhhh.
(Ben) Where did he do it?
エレインが立ちあがりかける。
(Ben) I'd like to know where it happened?
エレインが立ち去りかける。
(Ben) It wasn't in his car, was it?

場面が変わって、学校の校舎の入り口。
(Ben) Are we getting married tomorrow?
(Elaine) No.
(Ben) The day after tomorrow?
(Elaine) Maybe we are and maybe we aren't.
エレインはドアを開けて建物の中に入っていきます。ベンは直立不動で立ったままです。しばらくするとエレインが出てきて足早にベンのところに行きキスし、又戻っていきます。ベンは入り口から立ち去りかけますが又ドアが開きます。ベンは期待をこめて振り向きますが出てきたのはあごひげをはやした男で、ベンは大笑いします。


【解説】
大学の構内で生徒たちが建物から建物へ忙しく移動しています。ベンがエレインと並んで歩いています。
(Ben) We could go down and get our blood tests tomorrow.:仮定法。「(君さえよければ)明日戻って血液検査を受けようと思えば受けることが出来る」⇒「よければ明日戻って血液検査を受けませんか」。当時は未だカリフォルニア州では結婚するためには血液検査の結果証明が必要だったのだと思います。
(Elaine) Tomorrow?
(Ben) Or this afternoon. It's a good day for it.
(Elaine) Benjamin - I haven't even said I'll marry you yet.
(Ben) We'll need our Birth Certificates. I happen to have mine with me.
Where's yours?
建物の中に入ります。
(Elaine) I just don't think it would work.:「it」は「ベンとエレインの結婚」。「would」は「will」の過去形ですから「仮定法」。「結婚したとしても旨く行くとは思えない」
(Ben) Why wouldn't it?
ベルが鳴ってエレインは教室の中に入って行き、教室のドアは閉じられます。
ベンは教室の外で待っています。
ベルが鳴ってエレインが教室から出てきます。
(Ben) Why wouldn't it?
(Elaine) I just don't think it would...
エレインが歩き始め、出口から出て行きます。ベンも他の生徒をかきわけてついて行きます。

場面が変わって体育館の中です。
20人程の女の子たちがバスケットボールの練習をしています。エレインはベンチに座っています。ベンが後ろから話しかけます。
(Ben) Tomorrow then - can we get our blood tests tomorrow morning?
エレインが振り向いてベンを見ます。
(Elaine) Why don't you just drag me off if you want to marry me so much?:「drag me off」は「私を無理やりに引っ張り出す」の意。
(Ben) Why don't I just drag you off? All right - I will. Right after we get the blood tests.
(Elaine) Well - I have to see Carl first.
(Ben) Carl who?
エレインがナイス・シュートに立ちあがって拍手します。
(Ben) Carl who?
(Elaine) Carl Smith. He's a medical student. We've known him for years.:「we」と言っていますので、ここでは「Robinson一家」の意。
(Ben) Who - that guy at the Zoo?
(Elaine) Yes.
(Ben) Why do you have to see him?
(Elaine) Well -- I said I might marry him.:「(彼の求婚に対して)結婚するかもしれないと言った(から)」
何人かの生徒がベンチに戻って来て、入れ替わりにエレイン達がコートに飛びだして行きます。
ベンが叫びます。
(Ben) You WHAT?

場面が変わって学校の図書館。ベンはエレインが座っている学習用のテーブルの向こう側に座っています。

(Ben) How did he do it? :「彼はどんな風に求婚したのか」
Did he get down on his knees? He didn't get down on his knees, I hope.
(Elaine) No, Benjamin.
(Ben) Well, what did he say? I'm curious.
(Elaine) He said he thought we'd make a pretty good team.:この「make」は「・・・になる」の意。
(Ben) Oh no. He said that.
(Elaine) Shhhh.
(Ben) Where did he do it?
エレインが立ちあがりかける。
(Ben) I'd like to know where it happened?
エレインが立ち去りかける。
(Ben) It wasn't in his car, was it?:Mrs. Robinson からエレインはMr. Robinsonの車の中での行為から出来た子だということを聞いていたので、そのトラウマでしょう。

場面が変わって、学校の校舎の入り口。
(Ben) Are we getting married tomorrow?
(Elaine) No.
(Ben) The day after tomorrow?
(Elaine) Maybe we are and maybe we aren't.
エレインはドアを開けて建物の中に入っていきます。ベンは直立不動で立ったままです。しばらくするとエレインが出てきて足早にベンのところに行きキスし、又戻っていきます。ベンは入り口から立ち去りかけますが又ドアが開きます。ベンは期待をこめて振り向きますが出てきたのはあごひげをはやした男で、ベンは大笑いします。



記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ