「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

似ていてそうで意味が異なる名詞

似ていてそうで意味が異なる名詞(8)

言語学では「形が違えば意味も違う」というのは極めて重要な出発点です。このコンセプトの下、「コア(イメージ)概念」で編集されたのが「E-Gate」(ベネッセ)英和辞典で著者も愛用しています。

著者は著者のブログで現在「日本人の9割が間違える英語表現100」を解説しておりますが、今回は『「sense」と「interest」』を取り上げてみました。このシリーズは今回で終了です。

(08)「sense」と「interest」
■「sense」のコア概念は「ピンと来る感じ」(「イメージでわかる単語帳:NHK出版」)です(動詞は「・・・を感じる」)。ここから「感覚」とか、「感じ、意識」さらに「理解する感覚」「センス」「分別」「意義」「意味」「正気」の意にイメージが膨らみます。

■「interest」のコア概念は「(平面上の)鋭い歯先」です。「刃」の意味の他、「切れ味」「鋭さ」「縁、へり、外れ」「瀬戸際」等の意となります。

■「sense」
「The five senses include sight, touch, taste, smell, and learning.」は「五感には視覚、触覚、味覚、嗅覚、聴覚が含まれる」。

「a sense of hunger」は「空腹感」。「a sense of belonging to the company」は「会社への帰属意識」。

「He has no sense of business.」は「彼には商売のセンスがない」。

「common sense」は「常識」。

「There is no sense in waiting for him.」は「彼を待つのはまったく意味がない」。

「in a sense」は「ある意味で」。

「be out of one’s senses」は「正気の沙汰でない」。

似ていてそうで意味が異なる名詞(7)

言語学では「形が違えば意味も違う」というのは極めて重要な出発点です。このコンセプトの下、「コア(イメージ)概念」で編集されたのが「E-Gate」(ベネッセ)英和辞典で著者も愛用しています。

著者は著者のブログで現在「日本人の9割が間違える英語表現100」を解説しておりますが、今回は『「end」と「edge」』を取り上げてみました。

(07)「end」と「edge」
■「end」のコア概念は「細長い物の端」です。ここから「行きつくところ」の意とか、時間的な「終わり」さらに「目的」の意にイメージが膨らみます。日本語では「端」「最後」「終了」「最期」「目的」等が当てはまります。

■「edge」のコア概念は「(平面上の)鋭い歯先」です。「刃」の意味の他、「切れ味」「鋭さ」「縁、へり、外れ」「瀬戸際」等の意となります。

■「end」
「I live in the house at the end of this road.」は「私はこの道の突き当たりの家に住んでいる」。「I joined the end of the line/queue.」は「私は列の最後尾に並んだ」。「an end line」は「(テニスコートなどの)エンドライン」。

「at the end of March」は「3月の終わりに」。「the end of the movie」は「その映画の最後」。

「Once he starts complaining, there is no end to it.」は「彼が一旦不平を言い始めるときりがない」。

「She came to a peaceful end.」は「彼女は安らかに永遠の眠りについた」。

「The end justifies the means.」は「目的は手段を正当化する」。

「change ends」は「コートチェンジする」。

「How is the weather at your end?」は「そちらの天気はどうですか」。

■「edge」
「sharpen the edge of a knife」は「包丁の刃を研ぐ」。

「This razor has no edge.」は「このかみそりは全然切れない」。「The herb gives the dish an edge.」は「そのハーブが料理を引き締めている」。

「The woman lived alone in an old mansion at the edge of the town.」は「その女性は町はずれの古い屋敷に1人きりで住んでいた」。

「The bird has been brought to the edge of extinction.」は「その鳥は絶滅の瀬戸際まで追いやられている」。

似ていてそうで意味が異なる名詞(6)

言語学では「形が違えば意味も違う」というのは極めて重要な出発点です。このコンセプトの下、「コア(イメージ)概念」で編集されたのが「E-Gate」(ベネッセ)英和辞典で著者も愛用しています。

著者は著者のブログで現在「日本人の9割が間違える英語表現100」を解説しておりますが、今回は、意味は似ていませんが、前回の『「front」と「side」』と同じような関係にある『「line」と「point」』を取り上げてみました。

(06)「line」と「point」
■「line」のコア概念は「線状の(細)長いもの」です。「線」の意味の他、この「線状の(細)長いもの」のイメージから、或いはそこからイメージが発展して名詞としては「ライン」「境界線」「輪郭」「列」「戦列」「行」「台詞」「綱」「電話線」「路線」「方針」等の意となります。
■「point」のコア概念は「指し示された点」です。「点」の意味の他、この「点」のイメージから、或いはそこからイメージが発展して名詞としては「得点」「地点、時点」「要点」「先端」等の意となります。

■「line」
「a straight line」は「直線」。

「The truck went over the center line.」は「そのトラックはセンターラインを越えた」。

「They crossed the line from the USA to Canada.」は「彼らはアメリカ合衆国からカナダへ国境を越えた」。

「The car has sleek, elegant lines.」は「その車の輪郭はなめらかで上品だ」。

「cut into (a) line」は「列に割り込む」。

「There was a fierce fight on the front line.」は「前線で激しい戦闘があった」。

「the third line from the top」は「上から3行目」。

「learn one’s lines」で「台詞を覚える」。

「hang out the washing on the line」は「洗濯ものを物干し綱にかける」。

「She’s on another line.」は「彼女は別の電話に出ています」。

「an air line」は「航空路」「航空会社」。

「along party lines」で「党の方針に従って」。

似ていてそうで意味が異なる名詞(5)

言語学では「形が違えば意味も違う」というのは極めて重要な出発点です。このコンセプトの下、「コア(イメージ)概念」で編集されたのが「E-Gate」(ベネッセ)英和辞典で著者も愛用しています。

著者は著者のブログで現在「日本人の9割が間違える英語表現100」を解説しておりますが、今回は前回同様「意味の広がり」に注目して『「front」と「side」』を取り上げてみました。

(05)「front」と「side」
■「front」の原義は「ひたい」を意味しました。コアのイメージは「前面」です。
■「side」の原義は「表面」を意味したようです。コアのイメージは「物の側面」です。
この2つの違いを強調するならば前者が「前」、後者が「側」です。

■「front」
「the front of the house」は「その家の正面」。「the front of a car」は「車の前部」。
「the front of a book」は「本の扉、タイトルページ」。「read a book from front to back」は「本を初めから終わりまで読む」。「I usually sit near the front of the bus.」は「バスに乗るときはいつも前の方にすわります」。「There was no name on the front of the envelope.」「その封筒の表には名前が書いてなかった」。

「a hotel on the waterfront」は「海・湖に面したホテル」。

「A cold/warm front is coming from the west.」は「寒冷・温暖前線が西からやって来ている」。「form a united front against the ruling party」は「与党に対して共同戦線を張る」。

「put on a bold front」は「大胆なふりをする」。

「裏での悪事を隠すための隠れ蓑」の意もあります。日本語でも「・・・のフロント企業」といいますよね。「a front for a crime」は「犯罪の隠れ蓑」。

「I’ve spilt coffee down my front.」は「胸のところにコーヒーをこぼした」。

「at the front of …」は「・・・の正面に」。「in front of …」は「・・・の前に」。「in the front of …」は「・・・の前のほうに」。

■「side」
「A bike hit the side of my car.」は「自転車が私の車の側面にぶつかった」。

「上下の面に対して周囲の面」のイメージにもなります。「There is a crack on the side of the jar.」は「その広口びんの表面にはひびが入っている」。「It’s a deep narrow valley with steep sides.」は「それは急斜面の深くて狭い窪地だ」(⇒「E-gate」は「谷」と訳しておりますが「窪地」に置き換えました)。

「This solid body has eight sides.」は「この立体は8面だ」。

「Listen to side A of the tape.」は「テープのA面を聞きなさい」。

「the right side of his body」は「彼の身体の右側」。「He swam toward the other side of the river.」は「彼は川の向こう岸に向かって泳いだ」。

「Please lie down on the bed on your left side.」は「左の脇腹を下にして寝て下さい」。

「a small town on the south side of the coast」は「海岸の南端にある小さな町」。

「She didn’t leave his side while he was ill.」は「彼が病気の間、彼女は彼のそばを離れなかった」。

「side」は「(戦争・論争などの)(一方の)側、味方、派」の意にもなります。「There is no objection on our side to the contract.」は「その契約に関してわれわれの側に異論はない」。ラグビーの「No side!」は「敵も味方もなし!」ということで「試合終了!」の意になります。

「I’ll try my best to keep our side of the bargain.」は「われわれの取引の立場を守れるよう最善をつくします」。

「an uncle on her father’s side」は「彼女の父方のおじ」。

「side」は「(状況・問題・人の性格などの)面」の意にもなります。「We studied the problem from every side.」は「われわれはあらゆる面からその問題を検討した」。

似ていてそうで意味が異なる名詞(4)

言語学では「形が違えば意味も違う」というのは極めて重要な出発点です。このコンセプトの下、「コア(イメージ)概念」で編集されたのが「E-Gate」(ベネッセ)英和辞典で著者も愛用しています。

著者は著者のブログで現在「日本人の9割が間違える英語表現100」を解説しておりますが、今回は前回の『「head」と「face」』の延長で人間の体の一部の対比を取り上げてみました。

(04)「eye」と「mouth」
■「eye」のコア概念は「目」です。この「目」のイメージが発展して「視力」「注視、監視」「目つき」「眼力」「目配り、関心」「目の形をしたもの」の意になります。

「I have itchy eyes.」は「目がかゆい」。

「have good/weak eyes」は「視力がいい/悪い」。

「Keep an eye on this baggage.」は「この荷物を見張っていて下さい」。実際に見張るのは両方の目ですが「eyes」ではなく「an eye」とするところに「抽象化」のイメージが出ています。

「with angry eyes」は「怒った目つきで」。日本語でも「目は口ほどに物をいい」と言いますね。

「You really have an eye.」は「あなたは片目である」ではなく、相手の眼識をほめて「あなたは本当にいい目をしている」。

「turn an eye to the garbage problem」は「ゴミ問題に目を向ける」。

「the eye of a typhoon」は「台風の目」。

以上英語の「eye」と日本語の「目」とは非常に似た使われ方をするのが分かります。

■「mouth」コア概念は「口」です。この「口」のイメージが発展して「口のきき方」「口に似たもの」「養うべき人」の意になります。

「put a hand to one’s mouth」は「口に手をあてる」。「Don’t talk with your mouth full.」は「口に食べ物をいっぱいにしてしゃべるな」。

「put one’s money where one’s mouth is」は「口を出したことには金も出す」。「Watch your mouth.」は「口のきき方に気をつけろ」。「by word of mouth」は「口コミで」。

「the mouth of a volcano」は「火山の火口」。

「have a new mouth to feed」は「扶養家族が1人増える」。養うときは口から食べさせるということからイメージが発展したものでしょう。昔は「口減らし」と言いました。

以上英語の「mouth」も日本語の「口」と非常に似た使われ方をするのが分かります。
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ