「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

いかにして英語は現在の姿になったのか?

いかにして英語は現在の姿になったのか?(6)

「英語の歴史から考える 英文法の『なぜ』」(朝尾幸次郎 大修館書店)を読んで、著者は、現在では当然に思われる規則性や不規則性も歴史的な背景があることを知りました。そこで、もう少し英語の歴史について知ろうと『英語の「なぜ」に答えるはじめての英語史(堀田隆一 研究社)』を手に入れました。著者の持っている散発的な知識をもう少しまとまりのあるものとすべく取り組んでみたいと思います。

(6) 語彙の変化
『英語の「なぜ」に答えるはじめての英語史(堀田隆一 研究社)』によれば、初期古英語(700−1100年)の頃の語彙は、ローマ人との交易を通じた接触によりラテン語から wine, street, tile などの単語を借りていた他、ブリテン島に渡ってからも先住民の話していたケルト語からごく少数の単語を借りていたことを除けばほぼ100%ゲルマン系であった。その後、特に7世紀半ば以降キリスト教の浸透を通じて、関連するラテン借用語が450語ほど英語に流れ込んだ。例を挙げれば「abbot(大修道院長)」「altar(祭壇)」「angel(天使)」「anthem(賛美歌、聖歌)」「candle(ろうそく)」「canon(規範)」「cleric(聖職者)」「deacon(助祭、執事)」「demon(悪魔)」「disciple(使徒)」「gloss(注解)」「grammar(文法)」「hymn(賛美歌、聖歌)」「martyr(殉教者)」「mass(ミサ)」「master(主人)」「minister(大寺院、大聖堂)」「monk(修道士)」「noon(日の出から9時間目)」「nun(修道女)」「palm(しゅろ)」「pope(ローマ教皇)」「priest(司祭)」「prophet(預言者)」「psalm(賛美歌、聖歌)」「school(学校)」「shrive(告解する、告解を聞く)」「temple(神殿)」「verse(韻文)」。古英語語彙全体におけるこれらの借用語の比率は微々たるものですが、この時期のまとまった量のキリスト教用語の借用は、英語が語彙借用に向けて大きな一歩を踏み出した出発点でした。

同上の書籍では「ラテン借用語」と書いていますが、新約聖書はギリシャ語で書かれたという事実から、語源まで遡ればその多くがギリシャ語に辿りつくハズです。日本聖書協会によると聖書が何語で書かれたのかについて次のように述べています。
『旧約聖書はヘブライ語で記されている。ごくわずかの部分はアラム語である。(エズラ記4:8〜6:18、7:12〜26、ダニエル書2:4〜7:28その他)。イスラエル民族はカナンの地(パレスチナ)に定着してからヘブライ語を使用したが、後にアラム語が使われるようになった。このアラム語はアッシリア、バビロニア、ペルシアで用いられていた。エズラ記のアラム語部分はペルシア王との間に交わされた手紙であるが民衆は理解できなかったことを示す記録が列王記18:26にある。アラム語は次第にイスラエルに浸透するが、バビロニア捕囚はそれに大きな役割を果たしたと考えられる。ギリシア支配時代以降ヘブライ語は聖書その他の宗教文書に用いられ、一般にはアラム語が日常化していった。イエス時代のパレスチナではアラム語が用いられていた。福音書記者はイエスの語られた言葉の中に、ごく少数ではあるがギリシア語と並行してアラム語を保存している。「タリタ・クム」(マルコ5:41)「エッファタ」(同7:34)「アッバ」(同14:36)「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」(同15:34)がそれである。
新約聖書はギリシア語で記された。このギリシア語はヘレニズム時代に地中海世界で共通語となったコイネ−と呼ばれるギリシア語で、古典ギリシア語とは異なるものである。使徒たちによってキリスト教が伝えられていったのは、このコイネ−・ギリシア語の世界であったので、新約聖書はコイネ−・ギリシア語で記されたのである。ヘレニズム文化の中心はエジプトのアレクサンドリアであったが、この地で翻訳された旧約聖書のギリシア語訳はコイネ−・ギリシア語であった。この聖書はセプトゥアギンタ(70人訳)と呼ばれている。新約聖書に引用されている旧約聖書はこのセプトゥアギンタによっている』

次に、8世紀後半からのバイキングの襲来(北欧スカンジナビアで通商や貿易を営んでいた人たちが富を求めて近隣諸国に攻め入った。卓越した航海技術を持っていた。)と、続くその一派のデーン人(現在のデンマークおよびスウェーデンのスコーネ地方に居住した北方系ゲルマン人の一派である。現在のデンマーク人の祖先にあたる。ヴァイキング時代にイングランドおよび西ヨーロッパ一帯に侵攻した)のイングランド定住により、英語は彼らの言語である古ノルド語の影響を受けることになります。古ノルド語と英語は同じゲルマン語派に属し、文化・風習においても共通点も多かったようです。そのため古ノルド語の語彙が大量に流れ込みました。英語をしゃべる人々と古ノルド語をしゃべる人々が日常接触していたので、日常的な語彙が流入しました。例えば「both, call, die, egg, get, give, hit, raise, same, seat, seem, sky, steak, take, their, them, they, though, ugly, want, wrong」等我々にお馴染なものが並んでいます。古ノルド語からの借用語は古英語期を中心に2000語ほど流入し、現代英語にも900語程度が生き残って、常用されているそうです。辞書で語源を調べると「古ノルド語」という言葉に時々出会いますが、歴史的な位置づけは以上のようなものです。

ノルマン征服(1066年)を経て中英語期(1100−1500年)に入ると、フランス語から英語への借用語の波が押し寄せました。背景としてラテン語系の言葉がノルマン征服以降、イギリスの朝廷で使われ始めたことを挙げることができます。流入したジャンルは多岐に亘りましたが一般庶民の間では余り使われていなかったと思われます。交易上の接触からオランダ語やフラマン語(現在ベルギーの一部で使われています)からの借用語も入ってきました。

ルネッサンス期(1300 – 1600年)になると、古典語への関心が高まり、イングランドの知識人たちはラテン語やギリシャ語にかぶれた言語生活を送っていました。特に16世紀後半だけでも、ラテン語の単語は12000語流入し、英語の語彙史において最も流入が著しかった時代でした。中英語には見られなかったギリシャ語からの直接流入が突如増加しました。この時代のラテン語やギリシャ語からの流入語は専門用語ばかりだったようで一般庶民には難解すぎたようです。また、この時代は交易を通じて、フランス語、スペイン語、ポルトガル語からの借入も増えました。

後期近代英語期(1700−1900年)になると、イギリスが世界中に植民地を広げたことや、アメリカが新大陸で先住民の言語を始めとして多くの言語に触れ、英語の借入語の源泉は一気にグローバル化しました。アフリカ、南アメリカ、オセアニア、日本を含めたアジアの諸言語から幾多の語彙を借用しましたが、語彙借入の勢いは減退し、むしろ供給する側にまわって現在に至っています。

語彙に関する話題も後日別途取り上げる積りです。

いかにして英語は現在の姿になったのか?(5)

「英語の歴史から考える 英文法の『なぜ』」(朝尾幸次郎 大修館書店)を読んで、著者は、現在では当然に思われる規則性や不規則性も歴史的な背景があることを知りました。そこで、もう少し英語の歴史について知ろうと『英語の「なぜ」に答えるはじめての英語史(堀田隆一 研究社)』を手に入れました。著者の持っている散発的な知識をもう少しまとまりのあるものとすべく取り組んでみたいと思います。

(5) 文法の変化
一口で言えば、英文法の歴史は「簡素化」の歴史でした。『英語の「なぜ」に答えるはじめての英語史(堀田隆一 研究社)』によれば、古英語(449−1100年)は、ラテン語や現代ドイツ語や現代ロシア語に近いタイプの言語だったそうです。即ち、現代の我々が接する英語とは姿が相当程度異なっていたということです。

私の娘の友だちでポーランド人がいます。ポーランド語はスラブ語群に属しロシア語と同じ仲間です。本人もロシア語と似ていると言っています。私の娘の名前はローマ字では「mo-mo-ko」ですが、ある時スペイン語で話をしていた時、彼女が「mo-mo-ka」みたいな発音をしました。スペイン語の動詞は人称、数(単数・複数)、時制等によって変化し、あまりの煩雑さに耐えきれず著者は途中であきらめた経緯がありますが、流石に人の名前は変化しません。ビックリして尋ねたところ「桃子は」「桃子の」「桃子に」「桃子を」等に対応する語尾変化があることを教えてくれました。

文中における語の役割を示すために語形(主に語尾)を変化させることを文法用語では「屈折(inflection)」といいます。通例「屈折」は「折れ曲がる」ことを意味しますが、文法用語では「名詞の性・数・格、動詞の時制などを表すために語形を変える」ことを意味します。動詞の屈折のことを活用、名詞・形容詞の屈折のことを曲用といいます。

現代英語では人称代名詞は he-his-him のように変化しますが、古英語ではこのような格変化が代名詞のみならず全ての名詞に存在しました。名詞には「主格・対格・属格・与格」があることは前にもご紹介しました。例えば古英語に「stana」という言葉があります。この「stana」は「stan」という語幹に「-a」という屈折語尾がついたものですが、「-a」だけで「男性名詞・属格・複数」という情報を与えます。現代英語では「of stones」です(現代英語では男性名詞、女性名詞、中性名詞という概念は簡素化されて、なくなりました)。

屈折が発達していると必然的に語順や前置詞の重要性は低くなります。日本語は「は」「が」「を」「の」「に」等の助詞を名詞につけて「主格・対格・属格・与格」の働きをさせます。ですから語順については比較的自由です。現代英語では「I love you.」でなくてはなりませんが、日本語では「愛してます 私は あなたを」等もOKです。

では、屈折の衰退はどのようにして起ったのでしょうか?
『英語の「なぜ」に答えるはじめての英語史(堀田隆一 研究社)』によれば、名詞と形容詞の語尾は後期古英語(900−1100年)から初期中英語(1100−1300年)にかけて発音が大きく変化したために、異なる形態どうしの区別が失われ、結果的にその有用性も失われることになった。動詞についてもある程度同じことが言える。屈折語尾の水平化と呼ばれるものです。その内容は極めて専門的であり著者の手には負えません。「屈折語尾の水平化」をネット上で検索して見て下さい。簡略化して言えば、もともと区別されていた「-a,-u,-e,-an.-um」のようないくつかの語尾が、すべて一様に「-e」に水平化され、かって屈折で表されていた文法上の差異はもはや伝えることができなくなったのです。こうした変化の形跡は早くも10世紀の古英語写本に見ることができるのだそうです。そして後期中英語(1300−1500年)までには、この水平化された「-e」も消えてなくなりました。

「ゲルマン語の特徴である第一音節に強勢を置く原則(そもそも1音節の単語が多かった)」⇒「屈折語尾の置かれやすい第二音節が相対的に弱化」⇒「屈折語尾の水平化・消滅」⇒「屈折の担っていた文法表示機能が果たせなくなった」⇒「語順や前置詞がその法表示機能を果たすようになった」というのが英文法の変化の大きな流れということになります。

英文法に関する個々の話題については後日別途取り上げる積りです。

いかにして英語は現在の姿になったのか?(4)

「英語の歴史から考える 英文法の『なぜ』」(朝尾幸次郎 大修館書店)を読んで、著者は、現在では当然に思われる規則性や不規則性も歴史的な背景があることを知りました。そこで、もう少し英語の歴史について知ろうと『英語の「なぜ」に答えるはじめての英語史(堀田隆一 研究社)』を手に入れました。著者の持っている散発的な知識をもう少しまとまりのあるものとすべく取り組んでみたいと思います。

(4) 綴字の変化
英語の綴字の歴史も、音声の歴史と同様に複雑です。英語の文字が書き始められたのは起源1世紀以降のことだとされています。当初は、ゲルマン人はルーン文字という直線を使った文字を使っていました(石に刻むのに便利)。現存する最古のルーン文字は450−480年のものとされる金のメダルに書かれたものです。

アングロサクソン人は西暦449年にブリテン島に侵入した後ルーン文字を使っていましたが、6世紀末のキリスト教の伝来を契機として、ローマ文化の影響を受けラテン文字(ローマ字)を使うようになりました。ラテン語を範としながらも英語で書かれた文献が700年頃から現れ出し、ローマ字にない独自の文字が付け加えられました。初期古英語期(700年―900年)には統一された標準的な綴字はなく、主として聖職者を中心とした書き手は自分が発音していたもの(方言)をそのままに綴字にしていました。従い、綴字のバリエーションは豊富でした。

後期古英語期(900年―1100年)になると、イングランド南西部のウエセックス王国(イングランドの七王国の一つ。有能な王も輩出しアルフレッド大王が有名。アルフレッド大王のもとで行われた文化事業により数々の伝承文献が書き残される事となり、資料の乏しいこの時代の歴史、古英語の文献が現在でも残されている)がイングランド全域に政治的な影響力を持つようになり、ウエスト・サクソン方言の発音に基づいた緩やかな標準綴字が発達し、文書は主としてこの標準綴字で書かれるようになりました。ウエセックスはウエスト・サクソンの意です。

しかし、原則として綴字は話し言葉における発音をそのまま文字にした、いわば発音記号でした。私の娘の始めての学校はアメリカの現地校でした。彼女のノートを見せて貰ったことがありましたが、何が書いてあるか全く分かりませんでした。しかし、娘に読んでもらうと完全に分かりました。きっとこんな感じが随所であったことと思います。

1066年のノルマン征服を契機として、王様を始めとして上流階級がフランス語をしゃべった為、英語の地位は低くなりました。このため、ウエスト・サクソン標準綴字の伝統は途切れ一旦無の状態になりましたが、13世紀以降英語が復権してくるにつれ、再び英語が書かれるようになりました。しかし標準綴字はすでに失われておりフランス語の綴字習慣とか各自の出身地に応じた方言発音を綴字に反映せざるをえませんでした。極端な例として『英語の「なぜ」に答えるはじめての英語史(堀田隆一 研究社)』では「現代英語の through に対応する綴字は中英語期には少なくとも515種類確認される」と述べています。

しかし、14世紀末以降、この無秩序な状態はゆっくりと解消に向かいました、フランス語に対する英語の復権、ロンドンの政治・経済・文化に与える影響力の増大、活版印刷の導入(15世紀末)等により綴字の標準化が緩慢ながら進み、1650年頃にようやく現代的な意味での標準綴字の原型が定まり、サミュエル・ジョンソンの辞書が出版された1775年頃にようやく固定されたようです。この間、大母音推移、大量のラテン語からの借用語の流入があり、debt や doubt のような不自然な綴字が定着しました。

一方、17世紀に英語が流入したアメリカ(メイフラワー号のプリマウス港到着は1620年)では、独立戦争(1775−1783年)の時期に愛国者ノア・ウエブスターがイギリス英語の綴字は複雑すぎるとしアメリカの標準綴字を提唱、 colour を color、musick を music、waggon を wagon、centre をcenter、honour をhonorとして彼の編纂した辞書に収録しました。その結果多少の英米差が生じることになりました。しかし、綴字の標準化を叫ぶ声は歴史的にやんだためしがありませんが、ほとんど成功することなく今日に至っています。英和辞書ではイギリス英語の綴字とアメリカ英語の綴字が異なる場合、通例両方を表示しています。

発音と綴字に関する個々の話題については後日別途取り上げる積りです。

いかにして英語は現在の姿になったのか?(3)

「英語の歴史から考える 英文法の『なぜ』」(朝尾幸次郎 大修館書店)を読んで、著者は、現在では当然に思われる規則性や不規則性も歴史的な背景があることを知りました。そこで、もう少し英語の歴史について知ろうと『英語の「なぜ」に答えるはじめての英語史(堀田隆一 研究社)』を手に入れました。著者の持っている散発的な知識をもう少しまとまりのあるものとすべく取り組んでみたいと思います。

(3) 音声の変化
音を構成する最小単位は「音素(phoneme)」と呼ばれます。「カ」という音はローマ字表記すれば「ka」ですが「k」「a」は夫々音素です。音素は大きく区分すれば「子音」と「母音」になります。「母音」は口が完全には閉じられないで発声される音です。極めて大雑把に言えば「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」です。その他の音は口のどこかで空気のブロックが行われます。

過去からの音声の変化を見ると、失われた子音や新たに獲得されたものもありますが、概して変化はありません。しかし、綴字との関係では、ある組み合わせでは発音されない子音も出てきました。例えば「climb」の「b」や「listen」の「t」は古英語ではキチンと発音されていました。

これに比べて母音の方は、古英語以来大きく変化してきました。一般的に有名なのが1400−1700年頃にかけて生じたとされる「大母音推移」です。大雑把に言えば「ア⇒エ」「エ⇒イ」「イ⇒アイ」「オ⇒ウ」「ウ⇒アウ」と民族大移動のように母音の発音が移動していったのです。理由は解明されていません。

音の組合せに応じて、長母音が短くなったり、短母音が長くなる変化も歴史上しばしば起っています。「中英語開音節長化」と呼ばれる「母音で終わる音節(上記の例ではkaのように人間が1つの音と認識する最小単位)」において短母音が長母音化した過程を指します。また、強勢のない音節の母音はしばしば弱化し、最終的には消滅することが多かったようです。具体例については後日取り上げたいと思っています。

強勢の置かれる位置にも歴史があります。ゲルマン語系の単語は1音節が多いこともあって(1音節の単語であっても必ず強勢は置かれます。英語の大きな特徴の1つです)、2音節以上の単語でも、弱い接頭辞が付される場合を除いて、第1音節に強勢が置かれるのが原則でした。ところが1100年以降の中英語には後ろの方の音節に強勢を置こうとするフランス語やラテン語からの借用語が大量に流入するに及んで、ゲルマン語的なパターンは乱された結果、現代ではどの音節に強勢が置かれるかを類推するのは難しく、辞書で確認する以外ありません。「record」のように名詞と動詞で強勢の置かれる位置が異なるものも出てきました。著者は父親から「名前動後」(名詞の強勢は前、動詞の強勢は後ろ)と習いました。

後世の人々は現代英語を振り返った時、音の面でどんな変化を認識するのでしょうか。合理的に類推するならば、これだけグローバル化しているので、色々な言語を母語とする人達が発音し易いものに変わっていく気はします。現代でもイギリス英語では「r」の直後に母音がなければ、そのrは発音されません。car は『ka-』です(アメリカ人は律義に『kar』とrを発音します)。発音しなくてもよければ、こちらの方が便利なはずですので、こちらに収斂していく気はします。

いかにして英語は現在の姿になったのか?(2)

「英語の歴史から考える 英文法の『なぜ』」(朝尾幸次郎 大修館書店)を読んで、著者は、現在では当然に思われる規則性や不規則性も歴史的な背景があることを知りました。そこで、もう少し英語の歴史について知ろうと『英語の「なぜ」に答えるはじめての英語史(堀田隆一 研究社)』を手に入れました。著者の持っている散発的な知識をもう少しまとまりのあるものとすべく取り組んでみたいと思います。

(2) 資料と媒体
英語で書かれた文献資料が本格的に現れ出すのは700年頃です。日本では「古事記」が書かれた頃に当たります。小アジア(現トルコ)からヨーロッパに至る地域では、紀元前2世紀頃に発明された羊皮紙(パーチメント)が書写材料として普及していました。羊、山羊、子牛などの皮を、不純物を取り除いてよく洗い、引き伸ばしながら表面をなめらかにした羊皮紙は、折り曲げに強かったため冊子状に綴じることができました。丈夫で美しく重用されましたが、高価なため、紙の伝播とともに使用されなくなっていきます。多分当時の文献資料は、映画でよく見るように、この羊皮紙(パーチメント)の上に書かれていたのではないでしょうか。「古事記」も原本はなく残っているのは紙に書かれた写本です。

それでは、それまでの「449年―700年」の「前古英語」なるものは、どのように把握されるのでしょうか。それは、直接の資料はないが、比較言語学の「再建(reconstruction)」という手法により理論的に復元されたものなのです。「印欧祖語」や「ゲルマン祖語」の段階では、書き言葉はなかったと考えられるため、ここで復元された言語体系は「話し言葉」です。

初期古英語から現代英語までは直接の文献資料が手に入ります。その文献に会話などが写し取られている場合には、そこから話し言葉のなにがしかを復元することができます。ですから、文献資料を読み解く際には、綴字と発音の関係に十分注意を払う必要があります。

音声資料は、主として19世紀後半からの録音機器の入手が可能になりました。ほかにも、現存する方言や口承文学に古い発音が残っている場合には間接的に過去の話し言葉にアクセスする方法もあります。

しかし、いずれにしても証拠の入手可能・不可能によりフィクションが混じる可能性は排除できません。特に音声資料は証拠として残っているものは極めて少ないハズですのでフィクションが混じっている可能性は高いハズです。
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ